黒沢年雄の娘=レイラの職業である不動産コンサルタントとは?



TBS系「世界の日本人妻は見た!」(2016年1月5日(火)  の放送)では、

 

「ロサンゼルス“ワケあり妻”追跡SP」 と題して、

 

俳優の黒沢年雄さんの一人であるレイラさん(38歳)ご夫婦が出演します。

 

レイラさんはロスで、不動産コンサルタントをしているということですので、

日本の不動産会社に勤務する社員と比較しながら職業について見ていきます。

 

 

黒沢年雄の娘レイラの職業は不動産コンサルタントってどんなもの?

日本の不動産会社では宅建業法によって5人に一人の宅地建物取引士がいれば

いいことになっているので、

 

宅建の資格がない人でも物件の案内が可能です。

 

日本では不動産屋というと過去には反社会的勢力の人たちが

絡んでいた経緯もあって、いまだに

社会的な信用も高くはありません。

 

アメリカでは、医者、弁護士と並んで不動産屋が尊敬される職業となっています。

 

日本とアメリカの不動産会社に勤務する営業マンの

レベルの違いやステイタスの違いから、

 

黒沢年雄さんの娘レイラさんが、「不動産屋の営業マン」

という表現ではなく、

 

「不動産コンサルタント」と番組で主張したのかもしれません。

 

アメリカでは宅建を持っている一定のレベルの人から必ず

物件の現地での説明をしてもらえるので尊敬もされる。

 

日本では、お金が欲しいだけの営業マンが

物件の力で販売するので、さげすまれる。

 

・・といっては言い過ぎかもしれませんが、

アメリカと日本とのステイタスの違いは

営業手法にも表れているように思います。

 

また、アメリカでは女性の営業マンが多いのが特徴です。

 

ですから女性のレイラさんがロサンゼルスで宅建の資格を取得して

営業マンとして活躍していてもおかしくありません。

 

また、タレント活動も行っていますから、

タレント活動ができるような活動的な

営業マンはお客様から見ても

好感が持てるでしょうね。

 

 

日本でいう不動産コンサルタントであれば、レイナの仕事はかなりハイレベルで尊敬に値する!

レイナさんが不動産会社の営業マンではなく、

本当の不動産コンサルタントであれば、

 

不動産会社の営業マンとはまた違って高度な知識が必要になります。

 

日本の不動産コンサルティング業務とは

平成11年9月に取りまとめられた『不動産コンサルティング制度検討委員会報告書』において、

「依頼者との契約に基づき、不動産に関する専門的な知識・技能を活用し、公正かつ客観的な立場から、

不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営及び投資等について、不動産の物件・市場等の調査・分析等をもとに、

依頼者が最善の選択や意思決定を行えるように企画、調整し、提案する業務」と定義されている。

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%8A%80%E8%83%BD%E7%99%BB%E9%8C%B2%E8%80%85

 

不動産コンサルティング技能の受験資格は宅建や一級建築士、不動産鑑定士などの資格があって、

かつ業務に従事している必要があるので、

 

レイナさんが、本物の不動産コンサルタントだとしたら、

アメリカだけではなく、日本でも尊敬に値する職業でしょう。

 

不動産コンサルタント娘レイラからみて父親=黒沢年雄の不動産投資はうまくいっていたのか?

不動産コンサルタントは不動産のことだけではなく、

金融に対しての知識が必要で、

 

不動産投資などにおいても収支計画の立案などができる必要があります。

 

不動産コンサルタントのレイラさんは父親譲りというわけではなかったらしく、

レイラさんの父の黒沢さんは不動産投資では失敗していたようです。

 

破産は免れたようではありますが、どうやら、

億単位の借り入れをした銀行から競売にかけられないように

任意売却をするような経緯が過去にあったようです。

 

独学が難しい宅建取得にむけて合格への取り組み方についてはこちら!

 

レイラさんが不動産コンサルタントになったのは父親が

反面教師になった可能性がありますね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析