浅田真央 表情に好き嫌いが分かれる!精神面で菩薩の境地になれるか?



フィギュアスケート世界選手権大会の予選選考会を兼ねた

全日本選手権大会は予想通りの結果となって終わりました。

 

女子の注目は優勝した宮原知子選手ではなく、相変わらず

浅田真央選手でした。

 

 

12/24の朝日新聞写真部の写真を見ると、7選手の表情

メンタル面、精神的な状況がよく映っていることがわかります。

 

浅田真央選手はいかにも自信なさげな表情。

菩薩に似ている顔も自信がないとちょっと残念な感じ。

 

浅田真央選手の表情は応援するファンの期待に応えてないので

がっかりしたファンは嫌いだと感じてしまうでしょう。

 

羽生結弦選手の様に自信に充ち溢れすぎていると

これまた嫌われるというのが表情です。

 

浅田真央選手に好き嫌いが分かれる表情についてみていきます。

 

 

浅田真央の豊かな表情が注目され、好き嫌いは大きく分かれる!

 

浅田真央選手の表情がファンの好き嫌いを決めているとも言えるでしょう。

 

ファンにとっては自信のなさそうな表情をするスポーツ選手は

人気がでるわけがありません。

 

試合が始まる前とはいえ、浅田真央選手は自分の内面を

表情に出してしまうほどにまだメンタル面が未熟なところが

あるといえます。

 

結果としては、5位スタートという不本意な成績で

スタートすることになりましたが、

 

浅田真央選手の強さは直面している自分の精神的な悩みから

逃げないところです。

 

浅田真央選手がうまく演技が演じられない悩みを抱えながらも、

どうにか乗り越えようとする前向きさや

 

成長する過程をみるのが

ファンは好きなのかもしれません。

 

 

全日本選手権女子が開催される前に練習をする

浅田真央選手の表情と比較しながら、

 

優勝した宮原智子選手の自信に満ち溢れた表情を見てください。

 

演技を行う前から浅田真央選手にメンタル、精神面で

勝っています。

 

浅田真央選手は演技にも表情豊かないいところがあるので、

技術的に他の選手に劣っていても

 

注目を浴びます。

 

結果的に浅田真央選手に対するファンによる評価として

好き嫌いがはっきりと分かれてきます。

 

浅田真央選手は精神的な弱さを克服した瞬間、表情が菩薩に!

 

 

浅田真央選手は全日本選手権も終わってみれば、5位から3位へ

順位を上げる成果をつかみました。

 

佐藤コーチの隣にいる浅田真央選手の明るい表情が戻ってきました。

 

試合開始前の悩める表情が吹き飛んだ感じです。

 

浅田真央選手は精神的な部分で壁を乗り越えて

悟りを開いたのでしょうか?

 

本来の「菩薩」顔に戻って、精神的に安定すれば、

あとは思い切って演技や技を極めていくだけです。

 

過去の栄光があって、プレッシャーが大きい浅田真央選手ならではの

課題はこれからも立ちはだかりますが、

 

ファンは浅田真央選手の笑顔のいい表情を見たいと思っています。

 

 

もうダメだと諦めてしまうのは簡単です。

 

もうだめだと思っていた直後に浅田真央選手の様に

明るい未来が見えてくるときがあります。

 

浅田真央選手は来年は好成績が期待できる気がします。

 

当面引退はなくなりました。

 

菩薩の表情は人気!

 

菩薩というのも人気がありますね。

浅田真央選手、顔だけ菩薩に似ているだけではなく、

 

精神的に悟りの境地に入れば、羽生結弦選手のような活躍が

できるのではないでしょうか?

 

浅田真央選手の母親譲りの筋肉質な体型についてはこちら!

 

羽生結弦選手が陰陽師の演技が嫌いだという人もいますが、

 

浅田真央選手は菩薩をテーマにして

人気を集めて欲しいですね。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析