ドカベン香川が新築一戸建ての売却理由はローンと税金滞納!競売になり後悔しないためには?



「壮絶人生ドキュメント プロ野球選手の妻たち」傑作選
(2015年12月28日(月)の放送)では、

 

ドカベン香川と妻の7年間の闘病生活」に

スポットがあたります。

 

ドカベン香川こと香川伸行さん(享年52歳)は

2014/9/26に心不全のため急死されました。

 

病気が原因で新築一戸建売却せざるを得なくなっていました。

 

新築を購入したのはいいけれども、「強制的に売却」(=競売)になると

余計に後悔が大きくなります。

 

ドカベン香川が住宅ローンが破たんして破産した例を通して、

後悔しないような売却方法を考えていきます。

 

 

ドカベン香川の新築一戸建ては築5年で差押えが入り「強制的に売却」(=競売)になった原因とは?

家を新築して5年後にはローンの支払いができなくなるということは

あまり想像できないことです。

 

ドカベン香川は1989年に27歳の若さで戦力外通告を受けて、

プロ野球選手を引退します。

 

2001年には3度目の結婚を高校時代の同級生として以来、

2002年に福岡市博多区中洲で居酒屋を経営していたのですが、

お店の人気は好調で好業績だったと言います。

 

家族の為にも思い切って、2003年に家族6人が暮らす一戸建て

新築で購入するのですが、

 

その後に急性腎不全となってしまい、

週三日、1日に5時間も人工透析をする体になってしまいました。

 

結果的にはローンを返済できるだけの十分な収入がなくなってしまい、

税金の滞納や住宅ローンの支払いも滞るようになってしまいました。

 

税金の滞納があったことで、住んでいた福岡県筑紫野市から

住宅に差押え登記が入り、

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)による競売申立てによって

競売にかけられ

 

ドカベン香川の新築一戸建て住宅は

第三者によって落札されてしまいました。

 

原因はドカベン香川が病気になったことですが、

身長172cmに対して、体重が100㎏以上あったといわれていますから、

病気のリスクは高かったと思います。

 

競売というのは物件の所有者の意思とは無関係に

強制的な手段によって売却される方法ですから

 

売却できてよかったとは絶対に思うことがありません。

 

むしろ、後悔の念がのこる自宅の売却になります。

 

ドカベン香川の場合は、

  • もっと健康に注意するべきだった
  • 新築して5年しかすめなかった
  • 飲食店という仕事で腎臓に負担がかかったので、職業の選び方をよく考えるべきだった
  • 自己資金を増やしてローンを少なくするまで住宅ローンを組むべきではなかった

 

などの後悔の気持ちが沸いてきても不思議ではありません。

 

ドカベン香川の事例を反面教師にして新築を購入するときの

ローンについてはリスクをよく考えたいものです。

 

ドカベン香川が破産した理由は売却後ローンの残債が多く残ったから!

ドカベン香川は2008年に自宅が競売によって落札されて、

2010年には破産をしています。

 

競売で落札される価格は、相場よりも安くなります。

 

仮にドカベン香川の住宅ローンの残債が2000万円で

そのときのドカベン香川の自宅が

 

相場で売却される時の価格が2000万円であっても

 

競売になってしまうと相場の2000万円よりも安く落札されてしまいます。

 

その理由は競売で落札する人は自分で住むことを考える人たちではなく

転売することを目的にして競売に参加しますので、

 

物件の取得経費を除いて、利益を見込む必要があるからです。

 

相場が2000万円の築5年の住宅であれば落札されるのは

1200万円程度といったところでしょう。

 

つまり、ドカベン香川は残債2000万円を全額返済できず、

残りの800万円については引き続き支払いを要求されます。

 

人の手に渡ったしまった物件のローンを支払い続けるほど

収入はなくなっていたでしょうから、

 

結果的に破産の申し立てということになってしまいました。

 

自宅が競売による強制売却で後悔しないためにできることは?

ドカベン香川は病気になってしまったのですから

ローンが支払えないなら自宅を売却して

しまうしかなかったと思います。

 

新築して5年しか住んでいない自宅を売却するのはつらいでしょうが、

できることなら競売にならないようにして

 

なるべく借金を残さないように努力するだけです。

 

その為には債権者に対しては利息の支払いだけでもするようにして

有効的な関係の中で時間を稼ぐ方法もあります。

 

つまり競売にならないように、任意売却と呼ばれる方法で

一般の人が離婚、転勤などの理由によって

 

売却をするのと同じように

不動産会社を通して相場近辺の価格で売却することを

目指すのです。

 

残念ながらドカベン香川の自宅には差押え登記が入っていたでしょうから、

腕に覚えのない不動産会社や担当者では

対応ができないでしょう。

 

できるだけ金融機関の仕組みを理解している

不動産会社に相談することが解決方法になります。

 

破産しても税金滞納は踏み倒せないのが原則!

ドカベン香川は市から差押えを受けていますので

税金の滞納があったと推測されます。

 

ドカベン香川は自己破産してローンの残債は0にできましたが、

税金については市長がいいというわけがありません。

 

市町村関係者は杓子定規なやり方しかできませんので

喧嘩をしないように友好的な関係をつくることが肝心です。

 

家も失い、生活の基盤を失ったら、最寄りの市町村に

相談をして経済的な困窮については救済を求める必要も

でてくるからです。

 

 

住宅ローンが破たんしそうで後悔している人はドカベン香川の事例は参考になるのでは?

新築を購入することがイコール幸せなことではありません。

 

ローンの支払いができずに競売になる恐怖で

寝れなくなる気持ちになっても

 

債権者から命までとられるわけではありません。

 

後悔したことは反省材料にして前向きに

新たな一歩を進む方がいいです。

 

ドカベン香川のように、自己破産して次の人生を明るく歩む

姿勢は見習うべきです。

 

能天気すぎたから破産してしまったかもしれませんが、

自己破産している人はざらにいるということです。

 

思いつめる必要は一切ありません。

 

マイホームの住宅ローンで後悔する事例についてはこちら!

 

法律の専門家に相談して解決します。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析