アルゼンチン ブエノスアイレスの銀行強盗まさかの手口とは?



テレビ朝日系「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」では

50億円銀行強盗の華麗手口」と題して

 

アルゼンチンで発生した銀行強盗事件の手口について放送されます。

 

 

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで発生した銀行強盗について

見ていきます。

 

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで発生した銀行強盗の手口とは?

2011年01月3日という銀行にとっては

年末年始の休暇中を狙った手口で、

 

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの銀行に

銀行強盗が入りました。

 

通常、銀行には必ずしも大金が置いてあるとは限りません。

 

銀行強盗は貸金庫にあるお金を狙いました。

 

銀行強盗に入ったのはベルグラーノ地区にあるプロビンシア銀行という銀行です。

 

犯罪の手口は、半年前の7月頃から、銀行の貸金庫に至る

穴を掘っていたということです。

 

穴の大きさは直径5メートルで長さが15メートルを3人で

掘り進めたと言います。

 

まさか年末年始で休業しているときに

銀行強盗はないだろうという

盲点をついていたこと、

 

まさか、地中から穴を掘り進めて貸金庫を荒らしにかかるとは

思っていなかった盲点を

ついた銀行強盗の手口です。

 

武富士の青森の支店が顧客から放火され、倒産したビジネスモデルについてはこちら!

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析