尾道丸の船会社はどこ?だんぴあ丸の船会社だった第一中央汽船は2015年倒産!



「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」(2015年12月24日(木)放送)

では、「船首折れた!日本の貨物船の救出劇」

というテーマで、

 

1980年12月30に発生した海難事故の軌跡に救出劇が放送されます。

 

真冬の季節風が吹き荒れる巨大波が次々押し寄せる「魔の海域」と呼ばれる

千葉県房総半島の野島崎沖で

石炭を積んだ「尾道丸」の船首が折れ、沈没します。

 

救出したのは日本船の「だんぴあ丸」でした。

 

野島丸とだんぴあ丸の船会社について、見ていきます。

 

 

だんぴあ丸の船会社は第一中央汽船、尾道丸の船会社はどこ?

 

だんぴあ丸の船会社は第一中央汽船という会社で、

2015/10/30まで東証一部に上場をしていました。

 

1980年の海難事故で尾道丸の乗組員29名全員を救助した

だんぴあ丸の船会社が第一中央汽船ですが、

 

2015/9/29に民事再生法を申請して事実上の倒産をしてしまいます。

 

船のかじ取りは難しいですが、経営のかじ取りも難しくなっているのでしょう。

 

なんとか経営再建してほしいものです。

 

1980年12月30日に海難事故に遭遇した

尾道丸の船会社は「昭和郵船」という会社でした。

 

昭和郵船という会社は今は存在していません。

 

昭和郵船は郵船という名前が付いている様に、当時は三菱系の

日本郵船という巨大企業の系列会社でした。

 

海運業界は長らく不況が続きましたので、

業界再編の動きの中で、

 

日本郵船は系列の会社であった

「昭和郵船、千代田汽船、岡田商船」の3社を

1989年に経営統合させて、「オリオンシツピング」とういう会社を作り、

 

更に、「オリオンシツピング」を社名変更して、マリテックマネージメントという

会社にしました。

 

残念ながら、マリテックマネージメントも2001年に解散することになり

いまでは、尾道丸の船会社は存在していません。

 

尾道丸の沈没とうい海難事故で、乗組員を全員救助した

だんぴあ丸という構図を、船会社にあてはめると、

 

昭和郵船(日本郵船系)の船員が第一中央汽船の船員によって

救助されたとも言えるでしょう。

 

「豪華客船オシアノス号」沈没時に船長と乗務員に代わって乗客全員を救助したギタリスト モスヒルズについてはこちら!

 

 

商船三井が筆頭株主で住友系各社と緊密な関係にある

「第一中央汽船」は2015年に経営上の危機を迎えましたが

救助されることなく、

民事再生法を申請しました。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析