カフェイン中毒と夜間勤務に健康被害がある?交代制の深夜勤務にも要注意!



カフェイン中毒で死亡したという報道がありました。

 

カフェインというのは中毒性があるので、

世界中の人たちが毎日のようにコーヒーを飲む習慣ができあがっています。

 

亡くなった20代の男性は夜間勤務の為に目覚ましの意味で、

カフェインを含む錠剤や清涼飲料水を日常的に

飲んでいたのが原因のようにきこえますが、

 

眠気覚ましをする必要があるような深夜勤務

体にこたえるのではないでしょうか?

 

夜間勤務(深夜勤務)とカフェイン中毒の健康被害についてみていきます。

 

 

カフェイン中毒とは?

カフェイン中毒(カフェインちゅうどく、英語: caffeine Poisoning)は、カフェインによって引き起こされる中毒である。

カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性によって引き起こされる。

精神性の症状は『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV-TR)では、

同じくカフェイン中毒(caffeine intoxication)として診断コード305.90に分類される[1]。通常死亡しがたい。

しかしまれに死亡が報道される。

カフェイン依存(caffeine addiction)は、カフェインの使用がやめられない状態である。

DSM-IV-TRまでは実際に乱用や依存症を満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。

コーヒー、コーラ、栄養ドリンク、緑茶、紅茶、ココアなどカフェインを含む食品の常用によることが多い。

カフェイン錠剤などの過剰摂取によって深刻な急性中毒が生じることがある。

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%B8%AD%E6%AF%92

 

カフェインは日常的に緑茶やコーヒーを飲むと摂取していますから、

気にすることはないと思っていましたが、

 

カフェインを錠剤などで積極的に体内に入れて眠気を防ごうとするのは

やめた方がいいかもしれません。

 

 
 福岡大法医学教室などによると、男性は24時間営業のガソリンスタンドで深夜から早朝の勤務。
帰宅後は夕方まで起きていて、その後に寝て出勤する毎日だった。
 
 
出典:毎日新聞http://mainichi.jp/articles/20151221/k00/00e/040/159000c

 

大切なことは、カフェインを飲まなければ眠いような

生活のリズムが異常なのです。

 

 

眠たいときは睡眠不足なわけで、

十分な睡眠をとれていれば、カフェイン中毒にならずに済みます。

 

カフェインを含んでるといわれる

緑茶、コーヒー、ウーロン茶などは適量を日々飲むことによって

脳梗塞や心臓疾患などのリスクを減らせることがわかっていますが、

 

飲みすぎることで逆効果になるようです。

 

カフェインが影響しえるかは断定できませんが、

健康に良いと言われている飲み物でも

過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

夜間勤務や交代制の仕事にはがんなどの健康被害の可能性には注意して仕事をする!

 

夜間勤務で仕事をしている人は多いと思います。

 

工場での生産は24時間体制で行う習慣があって、

  1. 昼間(日勤)だけの勤務の人
  2. 夜勤だけの勤務の人
  3. 昼と夜の交代制勤務の人

 

など3通りの働き方があると思います。

 

一般的には昼間だけ働くのが普通です。

 

ところが夜だけ働いたり、昼と夜を交互に働くことは、

昼間だけ働く人と比較して

 

前立腺がんにかかる確率が高まるという研究結果が報告されています。

 

 

 

夜間勤務の仕事をする場合は昼間の勤務よりも

健康面により注意をする必要があります。

 

夜の時給は昼よりも高いことなどの目先のお金を考えるより、

10年先の自分の健康状況を考えましょう。

 

染料などを使う工場で膀胱がんの発症率が高くなるオルト-トルイジンについてはこちら!

 

健康に自信のない方はできるだけ、昼の仕事をするように

心がけるほうがいいでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析