膀胱がんの発症原因はオルト-トルイジンだけではない!予防法はあるのか?



特定の職場で仕事をすることで、

膀胱がんを発症するようなことがあると困ります。

 

生活の為に給料をいただいても、健康を害してしまったら

本末転倒です。

 

 

 

衣料品を染める原料になる染料の製造工場で従業員が

膀胱がになるという恐ろしい事実が発覚しました。

 

染料をつくるときに使用する

オルト-トルイジン」(=o-トルイジン)に発がん性があると指摘されていて、

 

工場では防毒マスクの使用などの徹底をしていたのでしょうけれども、

小さい分子ですから、

 

皮膚や、目などから吸収されてしまう可能性もあるでしょう。

 

膀胱がんになる原因として指摘されたオルト-トルイジンや

その他の注意するべき危険因子や予防方法を考えていきます。

 

 

芳香族アミンの1種、オルト-トルイジン以外に膀胱がんの原因になる物質とは何?

 

オルト-トルイジンは染料工場や特殊な場所にしかないでしょう。

 

「オルト-トルイジン」が入っている容器には

o-トルイジン C6H4(NH2)CH3 =107.15

と表示されています。

 

膀胱がんは染料工場以外にも印刷工場などで働く人たちにも

発生確率が高いといわれています。

 

つまり、オルト-トルイジン以外にも、

膀胱がんを発生させてしまう危険因子があるはずです。

 

たばこなどの習慣も膀胱がんの原因になるのですが、

その他には、

 

  • アニリン色素(ゴム、皮革、織物や色素工場で使用されることが多い)
  • ナフチラミン(染料)
  • ベンチジン(染料)・・国内では使用禁止
  • β 一ナ フチラミン(染料)・・国内では使用禁止
  • ミノジフェニール(=p-フェニルアニリン)(染料)・・国内では使用禁止

などがあります。

語尾がが「ン」で終わっているのが共通です。

 

アニリンやトルイジンは芳香族アミンと総称されるものです。

 

「ミン」「ジン」とう語尾で終わるといってもいいかもしれません。

 

アルコールに良く解けますから、

毒をもって毒を制すではないですが、

 

体内に有毒な物質が入ったと思ったら、

アルコールを服用して体の中から洗い流すという

方法も有効な気がします。

 

ただし、アルコールは飲みすぎると

余計に健康に害があるので注意しましょう。

 

食べ物で注意したい発がん性物質は?

 

食べ物で膀胱がんの原因になるのは

  • ワラビ
  • ゼンマイ

などが知られています。

 

折角の山の幸ですが、食べ過ぎには注意が必要です。

 

鰹節なども発がん性が指摘されています。

 

その他の膀胱がんの発がん性物質はあるのか?

皮肉な話ですが、私たちの病気を治療するために開発された

医薬品にも膀胱がんの発がん性物質があります。

 

  • 抗がん剤のシクロフォスファミド
  • 鎮痛剤(頭痛薬)フェナセチン(2001年4月に発売禁止になっています)

などがあります。

 

また、髪を染める毛染め剤には過去には膀胱がんとの関連も

指摘された有害とされて禁止される物質がありました。

 

 

 

膀胱がんを予防する方法はあるのか?

 

膀胱がんを予防するには、オルト-トルイジンなどの

危険因子に近寄らないほうが賢明です。

 

どうしても仕事上、必要性がある場合はマスクして

工場の換気設備を充実させるしかないのですが、

職場での対策には限界があります。

 

アルコールを飲んで溶かして出すというのは

非現実的ですから、

 

実際には水分を多くとるという方法が有効です。

 

体内に皮膚や目から入ったオルト-トルイジンなどの分子も

水分を多く服用して体内から毒素を出すように心がけることで

 

健康被害が予防できます。

 

タバコを控えるのは有効なことですから実行した方が

いいのですが、

 

体内に入ってしまった有害物質を外部に出すという意味では

コーヒーは有効ではないかと思います。

 

コーヒーは有害だという人もいれば、

健康にいいという人がいて意見が分かれています。

 

ただし、コーヒーは利尿作用が知られているのですが、

物質を外に吐き出す作用がありますから、

 

水分を取るという一貫の中で適量を服用していくことは

悪いことではないでしょう。

 

⇒膀胱がん予防策としてオルト―トルイジン以外の発癌物質を目と皮膚から吸収しないこと!

にも気を付けましょう。

トナーについて健康被害には注意をすうべきか?

 

余談ですが、染料、印刷工場の勤務をする人に膀胱がんを発症する人が多いということで

イメージするのは

 

家庭用でもオフィス用でも利用されている

プリンターやコピー機で使用されるトナーがあります。

 

プリントするとよくわかりますが、目には見えませんが

トナーの粉塵が飛んでいます。

 

コピーやプリンターの近くに常時座って仕事をする

という環境があるなら改善するべきです。

 

できることならコピー機の部屋だけを隔離して

換気をよくするべきでしょう。

 

乳製品とガンの原因や川島なお美さんについてはこちら!

 

職場で経営者や責任者が社員の健康について注意を払わない場合は

安全配慮義務違反(善管注意義務違反)になりますので

 

法的に対応しましょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析