生稲晃子の乳がん術後の症状とは?初期ステージで再発予防や発病防止には遺伝子検査も有効か?



このところ、生稲晃子さんが、テレビに多く出演しています。

乳がんであったことを公表して、

 

乳がんに対する意識をたかめて社会貢献をしようという

お気持ちがあるのでしょう。

 

生稲さんと同じ気持ちで乳がんの対処法などを

考えるきっかけになれば幸いです。

 

生稲晃子が2011年に初期ステージで乳がんを発見できた

幸運があったのですが、

 

2013年には再発をしてしまったという不運もありました。

 

いまでは手術から2年経過して症状は落ち着いて

 

問題がない状況になったからこそ、

テレビ出演もできるようになりました。

 

生稲さんの乳がんとの戦いを通して、

再発リスクを予防する初期ステージでの対処法を考えてみます。

 

 

生稲さんは初期ステージで発見した乳がんを再発してしまった女性ならではの葛藤を教訓にしたい!

 

生稲さんは2011年に小さい乳がんが見つかり、

初期ステージであったために、

 

腫瘍も1cm未満で、

当初は乳房の摘出をせずに、

右胸は保存することを前提にして治療をおこなってきました。

 

「人生でこんなに混乱した日はない」「自分がなるとは思ってなかった」

と当時、語っていましたが、

 

生命の危機を感じるのと同時に、

女性として乳房を摘出しなくて済むなら、

保存したまま治療をしたいという気持ちです。

 

 

女性なら、摘出しなければならない状況になっても

思い悩むはずです。

 

ただ冷静に考えれば、命より重いものはありませんし、

乳癌の初期ステージであっても、

 

ドライに判断するなら、摘出してしまえば、

再発リスクはほとんどなかったのかもしれないのです。

 

残念ながら、2年後の2013年にまさかの乳がん再発が発覚してしまいます。

 

このときも、乳がんによる症状はほぼなかったかもしれませんが、

確実に乳がんのステージが進行してしまっていました。

 

生稲さんに対して、医師は右胸の摘出を勧めるにまで

進行してしまったのは残念です。

 

なぜなら、今回また、保存療法で治療しても

次に再発した時は、もう生命の危機が近づいてくる

状況が予想されたからです。

 

幸いなことに、手術後2年経過した今も、

乳がんによる症状は放射線をあてた皮膚に赤みがあるだけで、

 検査結果も何の問題もない

 

ということが生稲さんのブログで報告されています。

 

生稲さんの経験から得られる教訓は、医師が仮に、

初期ステージだからということで、

 

乳房摘出をせず、保存療法を選択余地を与えてくれても、

再発のリスクは残るということです。

 

再発リスクがあってガンの進行が進んでしまうようなら

余命が短くなります。

 

女性ならではの乳房を大切にしたい気持ちに

打ち勝つには、

ドライな決断が要求されるということです。

 

ドライな判断をした人の具体例をみてみましょう。

 

乳がん遺伝子のためには発病前に両方の乳腺切除をしたハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんの例。

 

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんは

2013年に遺伝子検査を行った結果

 

乳がんの発症リスクが高いことがわかって、

37歳でまだ、乳がんの発症がないにもかかわらず、

 

乳腺切除をおこないました。

 

乳房は再建手術ができるからということもありますし、

何よりも、

乳房摘出で発がんリスクが87%から5%以下まで下がった

ことは意義があります。

 

北斗晶さんも右乳房摘出には相当なためらいがあったことを告白していましたが、

再発リスクを下げるには両方の乳腺切除するようなドライさが

必要なのかもしれません。

 

生稲さんの場合は、いかに早期発見ができたときに、

保存療法を選択せずに、

 

アンジェリーナ・ジョリーさんのような

大胆な決断も有効ではないかと思います。

 

生稲晃子さんの乳がんの原因やグルメな食事についてはこちら!

 

再建手術があるので、女性特有の精神的な

葛藤も緩和できます。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析