白井健三選手が体操床で最高難度H「シライ3」新技成功の素質に身長がある!



体操の世界では演技をする技について

どのくらい成功させるのが難しいかを示す

 難度があります。

 

かつてはウルトラCと呼ばれていたように、

最高難度はCだったわけですが

 

体操の世界では、技の難度が高まっていて、

Cを越えて、最高難度はこれまで

Gがありました。

 

白井健三選手が12/12に男子運動で

世界初の最高難度となるH難度の新技を

成功させました。

 

H難度の技は、白井選手が編み出したもので

白井健三選手の名前から

シライ3」と命名されました。

 

男子体操選手白井選手が最高難度を達成できるのは、

生まれながらの才能があるのですが、

 

その才能、素質の1つに身長があることを

みていきます。

 

 

白井健三選手が決めた最高難度Hの「シライ3」はどんな技?

 

 

 

白井選手がツイッターで投稿した

動画をみても、

 

何が起きているのかわからないくらいのスピードです。

言葉で表現すると

 

「シライ3」とは

伸身リジョンソン(後方伸身2回宙返り3回ひねり)となります。

 

このハイスピードで体を伸ばしたままに

宙返りと、ひねりを複雑に組み合わせられるには

 

  • 筋力
  • 運動神経
  • バランスの取れた身長と体重

 

という要素が必要になってきます。

 

頭の中で体が「シライ3」の様に

動くことをイメージできても、

 

自分自身の体を使っての技ですから、

筋力に応じた体型が必要です。

 

白井健三選手の身長と最高難度の技を成功させられた関係はある?

 

白井選手は

  • 身長162cm
  • 体重51㎏

 

と身長が同一世代の平均的な身長よりも

小さい点が特徴です。

 

身長が高くないことで、回転をしたりひねりを加えるときに

ぶれにくくなります。

 

身長に比べて体重も軽い点も

 

内村航平選手(26)と比較しても

強みです。

 

ちなみに内村航平選手は

  • 身長 161cm
  • 体重 55㎏

です。

 

身長が二人とも偶然にも同じくらいである点は

興味深いです。

 

身長が162cmくらいで成長が止まるというのは

男子としては珍しいかもしれませんので

 

身長が高くないことが体操選手の

素質であるかもしれません。

 

また、身長の伸びが早めに止まることは

よりしっかりした筋肉が身長の伸びが止まってから

形成されるという点でも強みになります。

 

 

身長があまり高く伸びないといのは

体操選手に限らず、

 

体を回転させるようなスポーツでは、

高い成果をだしています。

 

 

体操選手は写真を見ると、身長が高い選手

日本はいないですね。

 

粒ぞろいとはよく言ったものですが、

身長が同じくらいに見えますね。

 

身長が低いと技が決まりやすい他のスポーツは?

 

例えば、スケートの

浅田真央選手(身長163cm)を破った

宮原知子(17)選手は

 

身長147cmです。

 

浅田真央選手の母譲りの体型と筋肉についてはこちら!

 

同じ筋力と運動神経なら、

身長が低いほうが失敗しずらい傾向が

あるでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析