東海大学 長谷川真也先生は廃熱を音に変換する「熱音響エンジン」開発者!プロフィールは熱力学担当?



 

東海大学熱力学を担当している

長谷川真也さんは、学問としての

 

熱力学を机上で教えているだけではなく、

実用的な熱エネルギーの効率的な利用の仕組みを

 

研究開発している研究者です。

 

TBS系「夢の扉+」では、

「捨てるを“”に変えて発電!? 『熱音響システム』」

と題して、

 

これまで「捨てていた熱」(=排熱)を利用して

再度エネルギーを作り出す研究が

紹介されます。

 

研究をしているのは東海大学の

長谷川真也先生ですけれども、

 

長谷川さんのプロフィール

 排熱をエネルギーに変換する「熱音響エンジン」の可能性について

見ていきます。

 

 

東海大学 長谷川真也さんのプロフィールが「排熱」再利用の研究に駆り立てた?

 

東海大学 機械工学科の長谷川真也さんのプロフィールを

確認すると

 

  • 1978年生まれ37歳
  • 新潟県出身
  • 2006年 東海大学大学院工学研究科機械工学専攻博士課程後期修了
  • 自動車メーカーへ入社
  • 2010年 東海大学 機械工学科にて熱力学担当

 

以上が、長谷川さんの簡単なプロフィールになります。

 

博士課程を修了してそのまま研究者に

ならずに、自動車メーカーへ入社している点が

ユニークです。

 

博士課程を修了して博士号を取得後に

自動車メーカーへ就職できることも

よほど実力があったのでしょうね。

 

単なる頭でっかちではないことの証明です。

 

長谷川さんは自動車のエンジンで発生した

熱エネルギーは30%しか利用されておらず、

 

残りの70%は排熱として捨てられているといいます。

 

こういったエネルギーを効率的に利用できていない課題を

自動車メーカーの研究技術部門で目の当たりにすれば、

 

どうにかこの問題をクリアしたい

と考えるもの当然です。

 

ただし、考えたところでそれを解決するシステム

やデバイスをどう組み立てるのかといえば

 

理論の話だけではなく、耕作技術に長けた

工学部機械工学科という部門は

うってつけのポジションです。

 

自動車メーカーにいると

自動車の燃費向上についてすぐさま

結果を出す必要に迫られそうですが、

 

東海大学であれば、より広い応用分野も視野に入れた

研究ができます。

 

車からの排熱だけではなく、

工場からの排熱などへも

 

応用ができる点が魅力で実用化が

近い点がうれしいですね。

 

また、新潟県出身で雪国であることも

熱力学について興味をもった

理由があるかもしれません。

 

新潟県では路上の雪を消すために

地下水を利用して

 

消雪パイプを張り巡らしています。

 

その副作用として地盤沈下が発生して

住宅が傾く地域が発生しています。

 

雪国で利用される冬の暖房器具からの排熱が

雪を消すための熱エネルギーに

 

再利用される仕組みができれば

画期的です。

 

地球温暖化対策の1つの方法として

世の中にお役に立てるということは

 

研究者としてのやりがいに

なりますね。

 

長谷川先生が担当する熱力学って何?

 

熱力学って、あまり聞かない名前です。

 

小中学校では理科、

高校では理科が化学、物理、生物などに

わかれます。

 

大学へ進学すると物理や化学の授業で

熱力学も学ぶようになるでしょう。

 

東海大学の長谷川先生の研究に魅せられて

排熱を音に変換して、

音から電気を発生させるなど

 

応用的な研究をしたい方は、

まずは高校までの数学、物理、化学についての

基礎学力はしっかりとつけておきましょう。

 

長谷川先生のように熱力学を学び指導するだけではなく、

自動車や工場などのエネルギー問題へ

応用することによって

 

科学者として研究者をするだけではなく、

 

ビジネスとして、実社会に役に立てることができます。

 

長谷川真也先生の排熱を利用した「熱音響エンジン」研究の応用例とは?

 

今現在、排熱を活用して新たにエネルギーを生み出す分野として

考えられているのは、

 

  1. 自動車の排ガス
  2. 向上の排熱
  3. 家庭用ボイラーの余熱

 

など、これまで捨てられていた

排熱を音に変換して、

 

音を電気に再度変換する手法です。

 

排熱→音→電気(エネルギー)

 

という順番で排熱を新たなエネルギーに

変換するシステムを

 

長谷川が開発した「熱音響エンジン」と呼んでいて、

仕組みは鉄パイプと数点の部品だけでできる

シンプル構造になっています。

 

メリットはメンテナンスが楽であることですが、

割と大きめのシステムになってしまう点が

課題になっています。

 

自動車から出たの排熱をハイブリッド車や

電気自動車向けに

 

蓄電できるようになると

 燃費はさらに向上しますね。

 

教育を変える可能性がある人工知能「東ロボ」くんの大学入試もし結果についてはこちら!

 

その意味では蓄電池についての

研究開発も今後の課題になるでしょう。

 





関連記事:


One Response to “東海大学 長谷川真也先生は廃熱を音に変換する「熱音響エンジン」開発者!プロフィールは熱力学担当?”

  1. 久保健二 より:

    また無二無三の突出した日本人が出てきた。
    小生72歳の爺であるが最近の日本は世界に突出した若い非常に頼もしい人間が生まれてきているように思う。イチロー・山中教授・羽生・内村・枚挙にいとまがない。頼もしい。かってスタップ細胞に期待した1人です。笑ってやってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析