津山事件の犯人=都井睦雄が子供の頃暮らした加茂町の集落をイメチェンする方法とは?



 都井睦雄のうっぷん晴らしの為に

子供の頃から生まれ育った

大切な故郷を

 

1938/5/21に発生した津山事件での有名になってしまったことは

残念です。

 

犯人である都井睦雄の身勝手さ為に、

その地に住む人たちまで

住みづらくなってしまいました。

 

また、外部の人からも津山事件があった集落という

見られ方をされてしまいます。

 

これは日本人が単一民族でほぼ似たような

宗教的な背景があるために

 

似たような感じ方や見方になってしまうことが

原因になっています。

 

犯人が犯した罪は許されませんが

事件があった集落やそこに住む人々には

何の罪もありません。

 

津山事件が発生してから80年近くなろうとしていますから

事件があった集落も

 

世間の風評に負けないでイメージを一新して

行くための方法を考えてみました。

 

 

都井睦雄が子供の頃から生まれ育った故郷はどこ?

 

都井睦雄が生まれ育った故郷は

 

津山市加茂町行重

という集落です。

 

地図もご参照ください。

 

 

 

現在でも約180人が暮らしている

山奥にある農村です。

 

津山事件のせいで、

村を離れた人もいるので

 

余計に活気がなくなっているのでは

ないでしょうか?

 

それでも今住んでいる人たちにとって、

或は、この地域で生まれ育った人にとっては

 

かけがえのない故郷です。

 

 

津山事件があった集落をイメチェンして活性化する方法は移民政策!

 

殺人があった土地や建物について

「気味が悪いとか、縁起が悪い」など

 

精神的な瑕疵があると考えるのは

日本人だからです。

 

中国人も仏教徒ですから、

日本人と似たようなところがあります。

 

ところが、バングラデシュなどの日本とは

違った宗教を信仰する人たちからすると、

 

日本人が考えるような精神的な瑕疵を

物件に感じない人も多くいます。

 

日本の人口減少の切り札として、

移民政策を提唱する政治家がいますが、

 

津山事件があったためにイメージダウンしている

集落に外国人に多く住んでもらい、

 

活気が出てくれば村のイメージが

変わってくれることでしょう。

 

全く、過去にあった事件のことを気にせず、

むしろ安く物件が手に入って喜んで

住む人たちがいますので、

 

是非、移民政策などを活用して

「津山市加茂町行重」

という集落を活気づけていただきたい。

 

いつしか津山事件など忘れ去れるでしょう。

 

ちなみに、

池袋にあるサンシャイン60が建っている

サンシャインシティがある

場所は大昔は

 

巣鴨プリズンという処刑場があった場所です。

 

巣鴨プリズンであったことを知っている人が多かった

時代は格安で売買されていたようです。

 

それも今は昔のことで、

知る人もいなくなってきて、

 

サンシャインシティは今日も

多くの人でにぎわっています。

 

津山事件が起きた原因には都井睦雄が子供の頃の生い立ちにあった!

 

都井睦雄は子供の頃、祖母に育てられました。

父は2歳の時に、母は3歳の時に

肺結核のために亡くなっています。

 

幼少時代、子供の頃に都井睦雄は

両親からの十分な愛情を注がれて

育つことができませんでした。

 

都井睦雄が生みの親から自身が大切にされた

経験がないために、

 

自分自身がかけがえのない大切な存在であるという

実感がなかった可能性があります。

 

つまり都井睦雄の子供の頃の両親からの愛情が不足した

生い立ちがあるために、

 

他人の存在も軽く感じていた

のかもしれません。

 

生まれた時から孤児で、

両親から大切に育てられなくても

 

立派に成功を収める人もいます。

 

都井睦雄の場合は、甘ったれた

凡人だったということです。

 

トリカブト事件の犯人神谷力の生い立ちについてはこちら!

 

 

 

津山事件は人災であって、

「津山市加茂町行重」という集落が

イメチェンすることを期待します。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析