油井亀美也さんがISSから放ったツイッターと写真は悩み事を解決する名言集!



2015/12/10の午後10時12分(日本時間)

に国際宇宙ステーション(ISS)から

 

中年の星、宇宙飛行士の油井亀美也さん(45)が

地球へ帰還されます。

 

油井さんの宇宙滞在日数は141日と16時間にも

達したそうで、

 

この長いようで短かった気もする

宇宙への滞在中に

 

油井さんは地球の写真を添付して

ツイッターを送ってくれました。

 

宇宙に打ち上げられてた人工衛星からの

画像や写真で宇宙を見ることは

日々できるのですが、

 

宇宙にいる日本人の目、油井さんの目を通して

映った地球、日本をみて、

 

ツイッターのコメントというのは

リアルで、

 

地球という巨大な星も

ちっぽけな存在にみえてくるという点で

 

油井さんのツイートはとても

貴重なものです。

 

特に悩みが多い人には油井さんが宇宙からツイートされた

コメントは、悩み事解決方法を示唆する名言の宝庫です。

 

油井さんのツイッター通して悩み事を解消する方法を

見てみます。

 

 

油井亀美也さんのツイッターで東京の写真を見ると悩みが解決できそうな気がしてきます!

 

 

 

宇宙空間に浮かぶISSから油井さんが、撮った

東京周辺の夜景です。

 

宇宙からみると、港区なのか

練馬区なのか、境目はありませんね。

 

東京に住んでいると、港区周辺は地価が高くて

物件について魅力があるとか、

 

板橋区や足立区は埼玉よりで

ダサイとか、

 

宇宙から見るとちっぽけな議論ですよね。

 

油井さんのツイッターを見ると

鳥の目を持って、

 

物事を大きくとらえることが

大切だって感じます。

 

それから油井さんがツイッターで送ってくれた

東京やその他の都市の写真を見ると

 

明るすぎますよね。

 

夜景がきれいでいいのですが、

地球温暖化で騒いでいるのを

 

宇宙から見たら、人類の悩みも

解決策が見える様です。

 

油井亀美也さんは宇宙飛行士で夢を実現したけど、若い頃は悩みもあったとツイッターで宇宙から告白!

 

ただ、若いときは悩みはつきもので

油井さんも例外ではなかったんですね。

 

 

油井さんの場合は宇宙飛行士への夢を実現できて

先が見えなかった時があることを

教えてくれているんですよね。

 

裏を返すと、明るい未来を想像することが

辛い時期を乗り越える方法になることを

教えてくれています。

 

名言「不便=不幸ではない」という油井亀美也さんのツイッターは山奥で暮らす人の励みになります!

 

 

山奥の不便なところに住むっていうのも

油井さんはツイッターで

 

不便=不幸ではない」って

コメントしてくれてます。

 

名言だと思います。

 

何しろ、油井さん自身の故郷は長野県上川村という

標高1000mもある山奥ですから

現実味があります。

 

宇宙に行って、上川村よりも厳しい冬がある

ヒマラヤに明かりをみつけて、

感激するあたりは

 

雪国や山奥で暮らす人の励みになりますね。

 

東京、大阪周辺から地方への移住を考えている人や

故郷の田舎に帰ろうか悩んでいる人にとっても

 

元気が出てくるツイートですよ。

 

宇宙から地球を見るって、

悩みが小さく見えてきませんか?

 

長野県川上村出身の油井亀美也さんのパイロットとして身体的 心理的な資質についてはこちら!

 

実際は宇宙へ行くことはできないのですが、

油井さんの様に、宇宙空間に行ったような

 

気持ちになって大局的にとらえると

前向きな気持ちになれる気がします。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析