南丹市の新築工事現場に妻の遺体を埋めた事件は建築業者選定の失敗例!ローコスト業者に注意!



京都府南丹市という京都でものどかな

山深い田舎で、

 

車庫の新築工事を請け負った長岡京市の工務店の大工が

妻の遺体を工事現場に埋めた疑いで

逮捕される事件が発覚しました。

 

夫婦間のトラブルのために妻の遺体の

処分場所として

 

他人の新築工事現場を利用するとは

悪徳工務店らしいやり方です。

 

建築業者、リフォーム業者に対して住宅の新築工事、

リフォーム工事など

依頼する場合があると思いますが、

 

敷地が広い場合は地中に建設廃材などを

埋められるリスクがあるのでローコストをうたう業者には注意したいです。

 

南丹市で大工が妻の遺体を地中に埋めた事例を

見ながら業者選定の失敗例を見ていきます。

 

 

大工が妻の遺体を車庫新築工事現場に埋めた南丹市の敷地は広かった!周囲の目も届きづらいことを悪用か?

 

京都府といっても南丹市は県境にある町で

冬は雪も降る豪絶地帯です。

 

南丹市 美山かやぶきの里

南丹市 美山かやぶきの里

 

豪雪地帯ですから

冬場は青空駐車場ではだめで

車庫が必要な地域です。

 

福井県、滋賀県、大阪府、兵庫県の4県と

接していますから、

 

山がちな風景が目に浮かぶようです。

 

 

田舎で敷地も大きいですから、

工務店やリフォーム業者が工事をするときに

 

廃材などのガラを埋めたくなるような

衝動に駆られるかもしれません。

 

廃棄物

廃棄物

 

なぜなら新築工事などで出てくるゴミを

正しい方法で処分すると処分費用がかかるからです。

 

工事業者を選ぶときには高額なボッタくりにも

注意をしなければなりませんが

 

通常はごみ処分費用を見込まなければならないのに

不法投棄や敷地内へゴミを埋めてしまう手口で

ローコストをうたう業者には注意が必要です。

 

建築に関連する悪徳な業者はいろんな手口が

あるでしょうが、

 

敷地にゴミを埋められたという

被害も時々聞きます。

 

悪徳工務店や大工によって

ゴミを工事現場に埋められる

 

被害が発生しやすいのは

南丹市で妻の遺体を埋めた現場の様に

住宅の敷地が広いのが特徴です。

 

また、農村地帯で敷地が広いような場所は

のどかで家と家の間隔が大きくて

 

快適ですけれども、

他人の目、近所の目という

監視が効きづらいことを

利用して、

 

大工が遺体を埋める場所として選んだ

可能性があります。

 

妻の遺体を埋めた場所は

車庫(ガレージ)のコンクリートの

下であるということです。

 

建築業者にありがちな不法投棄の

発想の延長線上にあった

事件ではないでしょうか?

 

 

 

大工は他人の物件を「精神的瑕疵のある物件」(=事故物件)にしてしまった!

 

大工は妻の遺体を埋めた可能性があることで

殺人の容疑もあるでしょうけれども、

 

他人の敷地に対して与えた損害も大きいです。

 

現在捜査中で、コンクリートを剥ぐ

作業をしていますが、

 

コンクリートはまた打ち直せばいいかも

しれませんが、

 

殺害された遺体が

敷地に埋まっていたというのは

 

大変気持ちが悪いものです。

 

南丹市の田舎ですから売却することは

当面ないでしょうけれども

 

売却するときは相場よりも大幅に安くなるでしょう。

 

大工は他人の敷地に損害を与えたわけですから、

精神的な瑕疵を負わせた

賠償をする必要があります。

 

ちなみに、一般的に事故物件という風に

いっていますが、

 

裁判になったときや不動産業界では

精神的瑕疵がある物件とか

 

心理的瑕疵のある物件

といった表現をします。

 

 

長岡京市の工務店に新築工事依頼したのは業者選定という点で失敗した例!ローコストの理由は不法投棄でないか確認!

 

新築工事を依頼する業者には

誠実さが求められることが

 

長岡京市の工務店大工が

車庫に遺体を埋めた事件からもわかります。

 

業者選びという点での失敗例です。

 

建築業者、リフォーム業者、

工務店などは仕事柄、

 

ゴミ、ガラの処分をする必要が出るので

ゴミの処分代が費用としてかかります。

 

建築業者はごみ処分費用をなんとか安くしたいとか

0にしたいと考えていると

思った方が無難です。

 

マイホームを新築して失敗して後悔したくないことで中古志向になっている記事はこちら!

 

その意味でもローコストな工事費用を

うたい文句にする業者にも

なぜ安いのか注意が必要です。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析