叶美香、「咳止め薬」アレルギーの呼吸困難で入院!アナフィラキシーショックを予防する方法は?



ゴージャスな叶姉妹の妹=叶美香さんが、

咳止め薬(=咳止めシロップ)を服用後に突然の呼吸困難に陥って、

 

緊急入院していたことがわかりました。

 

咳止め薬を服用する人にとっても、

ショッキングな出来事です。

 

病名はアナフィラキシーショックというもので、

症状が出た時にすぐに対応をとらないと

急死してしまう恐れもあります。

 

風邪、ぜんそく、花粉症など

いろいろな理由で咳止めを服用する機会が

多いですが、

 

叶美香さんのように咳止め薬のアレルギー反応が原因で

呼吸困難にならないような予防方法を考えてみます。

 

 

咳止め薬が原因のアレルギー反応=アナフィラキシーショックの症状は呼吸困難 だけではない!

 

叶美香さんは幸いにも回復に向かっている

といいますが、

 

11/23に呼吸困難になって

アナフィラキシーショックと

 

診断され入院してから、

まだ退院できていません。

 

高々、「咳止め薬」と馬鹿にはできません。

 

アナフィラキシーの症状は非常に多彩で、全身にあらゆる症状が出現する可能性があり、

またアナフィラキシー患者の90%に皮膚症状があり、粘膜・呼吸器・消化器症状が現れる傾向がある。

大きく分けて軽症、中等症、重症の3段階があり、発症の状態観察により、

軽症・中等症では患者の安静と内服薬の服用などで対処、

重症まで進行するようであれば緊急要請として救急車を呼び、

またエピペン携行薬を所持している場合は躊躇せず速やかに使用するように定められている。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%BC

 

 

叶美香さんは呼吸困難と発表していますが、

呼吸困難は症状の一部で、

 

その他の症状として

  • 皮膚が紅潮する
  • 顔面や首などのむくみ
  • じんましんが出てかゆい
  • ストレスによって涙が出てくる
  • 吐き気
  • 下痢

 

などの症状があって、おそらく

美香さんにもこれらの症状も同時に、

 

出てびっくりした可能性があります。

 

24時間以内に適切な治療をしないと

命に関わるともいわれていますので、

 

咳止め薬が原因のアレルギー反応=アナフィラキシーショックから

身を守る必要があります。

 

とにかく咳を止めたい時は、咳止め薬を服用するという発想を捨てること!アナフィラキシーショックのから身を守る為に!

 

風邪をひいた時に、仕事もあるし、

とにかく咳を止めたいと思って、

 

咳止め薬を服用することが

あるかと思います。

 

または、慢性的なぜんそくや慢性的に喉が弱くて

咳が出やすい人も多いです。

 

普通は、耳鼻咽喉科や内科で咳止め薬をもらうことが

多いのですが、

 

一般的には、咳止め薬は根本的な治療する

薬ではないです。

 

あくまでも症状を軽くするための

薬ですから、

治らなくて当然なんですね。

 

花粉症の人は花粉に対してアレルギー反応を

しめすように、

 

咳止めに対して時としてアレルギーが

でる場合があって、

 

強烈なアレルギー反応が出たために、

呼吸困難にもおちいる恐れがある

例です。

 

ですから、咳をとめたいと考える気に

アナフィラキシーショックのリスクから身を守るには

 

西洋医学的な咳止め薬を服用しない

ほうがいいです。

 

咳止め薬が原因で呼吸困難になるなど

シャレになりません。

 

服用するなら東洋医学的な

漢方薬などの方が

 

比較的副作用も小さくて

体質改善にもなりますので、

根本治療につながります。

 

 

漢方薬の製薬メーカーとしてはツムラが有名で、

病院でも利用されるように

なっていますから、

 

咳止め薬を服用するなら、

漢方薬に詳しい先生に相談するのが

 

ぜんそくの咳に苦しむ島崎遥香さんの記事はこちら!

 

アナフィラキシーショックから

身を守る方法でもあります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析