下痢が止まらない胃腸炎で「コーヒー浣腸」便秘解消法に薬事法違反が発覚した事例!川島なお美さんは効果絶賛!



 

ダイエットや便秘解消を効能としてうたって

コーヒー浣腸をする腸内洗浄セットを

 

無許可で販売していた会社の

元社長が逮捕されました。

 

薬事法違反で摘発されるケースは

内部告発や同業者からの通報、

 

などが多いのですが、

 

コーヒー浣腸の腸内洗浄セット販売については

使用者の健康被害が発覚して

 

薬事法違反も発覚してしまいました。

 

コーヒー浣腸は過去に

故・川島なお美さんも

 

体験したことがあって効果を

絶賛していたことがあります。

 

コーヒー浣腸の腸内洗浄セットの無許可販売が薬事法違反になった原因として

下痢がとまらない胃腸炎が発覚した事例

 

を確認していきます。 

 

 

川島なお美さんも体験したコーヒー浣腸に効果はあった?腸内洗浄セットが薬事法違反になった!

 

コーヒー浣腸 (コーヒーかんちょう、コーヒーエネマとも)とは、浣腸の一種であり、

コーヒーを肛門より入れて、直腸と大腸を「清掃する」事を目的とした行為。

今日では医学的に妥当な行為ではなく、危険でありうると考えられている。

「エネマ」とは英語で浣腸の意味である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E6%B5%A3%E8%85%B8

 

コーヒー浣腸には健康被害の危険性があることも

知られていました。

 

2015年3月に川島なお美さんと鎧塚さんがフィリピン旅行をしたときに

コーヒー浣腸を初体験していて、

 

2015/3/9の川島なお美さんのブログでも

  • お腹がすっきりした
  • 頭もさえわたった
  • コーヒー浣腸後の食事がさらに美味しかった

 

と効果を絶賛していました。

 

なお、薬事法違反んで摘発された会社と

川島なお美さんは無関係です。

 

コーヒー浣腸の腸内洗浄は下痢が止まらなくなる事例が発覚して薬事法違反が発覚!

 

コーヒー浣腸とは腸内洗浄は直腸に

液体を入れて排便を促す方法です。

 

 

改正前薬事法違反で摘発された原因は

 

コーヒー浣腸で胃腸炎を引き起こして、

 

  • 下痢が止まらない
  • 自力排便ができなくなる

 

などの健康被害が使用者の女性から

発覚したことにありました。

 

危険性が高い腸内洗浄方法ですから、

腸内洗浄セット「カフェコロン」という商品が

 

医薬品として無許可販売されていたことは

大きな問題です。

 

コーヒー浣腸という方法に

効果があることが立証されるようであれば、

 

製造許可を受けた道具を使用して

医師の指導の下で

慎重に行う必要があるでしょう。

 

鎮痛薬のロキソニンと便秘の副作用についてはこちら!

 

過去4年半で15億円も売り上げが

あったそうですから、

 

 

安全なコーヒー浣腸の方法が見つかれば、

ニーズがある手法かもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析