ブラック地主・家主の根底にあるのは立場を利用した嫌がらせ!対策は警察を動かすだけの法律の勉強!



 ブラック地主家主が最近問題になっているのは、

土地の所有権を持つ地主からの

立ち退きの手口として、

 

その土地の上に居住する

住人に対して「嫌がらせ」を行っている点です。

 

 

 

借地借家法上の法律に触れる

行為をすれば、警察から逮捕されるか、

 

裁判で訴訟になれば

損害賠償請求される行為です。

 

嫌がらせというのは人道上の問題がありながら、

法的な問題にならないで、

 

警察も動きにくい状況で

入居者なり賃借人をいじめる行為になります。

 

ブラック地主からの嫌がらせ対策

とりたいのですが、

問題があります

 

  • 警察も借地借家法という法律について詳しくない
  •  警察に相談しても実際には動いてくれない
  • 住民も法律に詳しくない

 

という問題です。

 

住民も法律に詳しくなく、どのポイントをついて

警察に相談するべきかが理解できていない点が

あげられます。

 

 

ブラック地主からの嫌がらせ対策を考えるうえで、

必要なことは何かを考えてみます。

 

  

ブラック地主が嫌がらせをするのは所有権を持つ賃貸人が賃借人より立場が強いから!

 

土地や建物の賃貸においては、

貸す側が、借りる側よりも強い立場に

あるでしょう。

 

賃貸するときの賃料の設定から、

契約の内容についても

 

大家さんが決めてくるものです。

 

また、物件を管理する不動産管理会社が

あるとしても、

 

大家さん、地主さんあっての商売であることで、

地主である賃貸人側よりの営業の仕方になりがち

な点も、

 

地主がいい気になる原因なのかもしれません。

 

地主側の都合によって

立ち退いてほしいと思う

 

動機ができると、

嫌がらせをするのは、

 

所有権を持つブラック地主側が

賃貸人側で強い立場にあるからです。

 

立場を利用した嫌がらせ

日本中に蔓延してますね。

 

弱い立場の賃借人である入居者は借地借家法という法律でブラック地主から守られている!

 

立場上、アパートやマンション、戸建て

などを借りて住んでいる

賃借人である入居者は

 

大家さんとの力関係では、

弱い立場です。

 

地主から底地を借りて、

その上に家を建てて住んでいる人も、

 

底地の所有権を持っている地主よりも

弱い立場になりがちです。

 

この弱点をカバーするように、

法律ができています。

 

借地借家法という法律ですので、

地主から不当な明け渡しを告げられたり、

 

嫌がらせではないかと思ったときは、

借地借家法に詳しい

 

法律家や、良心的な不動産会社へ

相談するといいです。

 

 

ブラック地主・家主に困った時は警察にも相談!法律の知識も身に着けることが対策!

 

嫌がらせがエスカレートして、

困った時に裁判をするとか

 

時間やお金をかけるのが面倒だと感じると思います。

 

損害が発生したら後日

弁護士を通して

訴訟ができるので、

 

当初の対策としては

嫌がらせをなくすという意味で

 

警察に動いてもらえるように

警察に相談をすることが

考えられます。

 

その為にもある程度

ブラック地主が法律を

犯していることを

 

立証できるような知識と

 証拠が必要になります。

 

ブラック地主対策の為に勉強だと思って

地元の不動産会社へ相談をしてみることや

 

借地借家法については本も多くありますから

勉強することが有効です。

 

ブラック地主と闘う方法を身に着けたうえで

警察に相談することは有効な手段です。

 

問題は警察がブラック地主による

嫌がらせについて

不勉強な点です。

 

警察に相談しても、

「そこまで嫌がらせを受けても、出ていかないの?」

 

といった感じで、

 

困った人の状況は理解してくれないことが多いでしょう。

 

罪を犯せば警察も逮捕できます。

 

罪を犯しているかどうかは

法律に照らし合わせてということになりますが

 

警察も、大家さん、地主には強い力があって

言いたいことを言う人たちだと諦めている

ような姿勢を感じるのが残念です。

 

嫌がらせを受けたぐらいでは、

相談内容を聞くだけで、

動いてくれないのが実情です。

 

私道の所有権を持つ男性が歩行者の通行妨害をして逮捕された堺市の近隣トラブルはこちら!

 

不当な明け渡しを要求するような

ブラック地主が社会問題化されないと

 

中々、事の重大さに気が付いてもらえないのでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析