犬の鳴き声に対する苦情がでるのは対策が必要!近隣トラブルにならないように!



 

犬の鳴き声に対してイライラした

男性が逮捕される事件が

 

立て続けに起きています。

 

宇都宮市では犬に対して金属バットで

殴った42歳の無職の男が

逮捕されました。

 

また、大阪市八尾市では

ボウガンで金属棒の矢を隣家に放ったとして

45歳の無職の男性が逮捕されています。

 

この二人を擁護する気はありませんが、

の飼い主も鳴き声に対する苦情が出ていたら

 

近隣トラブルになる可能性もあるので、

対策が必要です。

 

 

鳴き声にイライラして金属バットで犬を殴った宇都宮市の男性!近所から苦情があったら対策を!

 

犬を飼っている人は鳴き声くらいは

あまり気にならないかと思います。

 

ただし、人には好みがあるので、

必ずしも犬が好きな人ばかりではない

ことには注意をしましょう。

 

よく企業のマスコットに

犬が登場しています。

 

イオンでは、ワオンというポイントが付きますが、

犬の鳴き声から命名したサービスです。

 

このように、世間一般には

犬というペットは愛護されているという

前提があるように思うのですが、

 

むしろ犬が嫌いな少数派もいることに

配慮するべきでしょう。

 

宇都宮の男性は、隣家の犬を金属バットで殴った

事件を起こす前に

 

鳴き声がうるさいという苦情を

 隣の家に示した経緯もあるようです。

 

事件が起きてしまうと、犯人がとかく

責められるものなのですが、

 

近所とのトラブルになるようなら、

むしろ飼わないという選択も

ペットの為になります。

 

無職で心が満たされず何かしらの

不満があって

 

たかが犬の鳴き声に苦情を

言いたくなる哀れな

人種がいると思ってあげてはいかがでしょうか?

 

八尾市の男性は犬の鳴き声にイライラしてクロスボウで金属棒を隣家に発射して近隣トラブルに発展!

 

大阪府八尾市の男性も無職で、

犬の鳴き声にイライラして

 

クロスボウを使って、隣家に金属棒を

発射して逮捕されました。

 

この男は犬に対して攻撃をするだけではなく、

住民の家に対してクロスボウを利用して

危険な行為をしてしまいました。

 

近所との人間関係が

悪化してトラブルになったケースです。

 

隣家の住民に怪我がなかったからよかったですが、

硝子を突き破って、隣家の自宅部屋の天井に

 

金属棒が突き刺さっていますから、

もしかすると怪我をしていた

可能性もあります。

 

このように近隣トラブルになって、

犬だけではなく、犬を家族と思って

 

飼っている住民に対して、

被害が及ぶリスクがあるので、

 

鳴き声に対する苦情には

真剣に対策をとった方がいいと

いえるのではないでしょうか?

 

鳴き声が原因で報復されて、

損害を被ってしまうと

割に合いません。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析