白川澄子さん自宅アパートで急死の原因は?高齢者の冬の入浴時にヒートショックを予防するには?



「サザエさん」の中島君、

「ドラえもん」の出木杉君の

 

声優として活躍した白川澄子さんが80歳で

東京都杉並区の自宅アパートで亡くなっているのが

みつかりました。

 

 

 警視庁杉並署によると、11/26朝に

連絡が取れないことを心配したマネジャーと親族が

自宅を訪問したところ、

 

風呂場の浴槽に入り顔を水に浸けたまま亡くなっている

白川さんを見つけました。

 

最近でも声優として活躍している状況で、

一見元気そうであったと思いますので、

急死といえるでしょう。

 

  1. 寒い11月というの季節に亡くなったこと
  2. 場所は風呂場の浴槽入浴中だったこと
  3. 白川さんの年齢が80歳で高齢者だったこと

 

を考慮するとヒートショックが発生した

可能性が高いでしょう。

 

高齢者がヒートショックを予防する方法や暮らし方はないのでしょうか?

 

 

高齢者とよばれる65歳を越えたら、ヒートショックが起こる可能性を考えて入浴すること! 

 

ヒートショックが起こるのは

主に高齢者と呼ばれる65歳以上の人たちです。

 

年齢が進むにつれて、

重篤な病気がない人でも、

 

血管年齢も進行しているのが原因です。

 

年を取るにつれて血管年齢が進行するのは

主に動脈硬化による高血圧が原因です。

 

その意味ではいかにして血管年齢を

若く保ち、動脈硬化から体を防ぎ

高血圧にならない様に心がけることも重要です。

 

残念ながら浴槽で亡くなっていた白川さんも

年齢は80歳と高齢でした。

 

 

 

寒い冬の入浴時になぜヒートショックがおきるのでしょうか?

 

寒い冬の時期の入浴は血圧の変動を

大きくします。

 

若い人で血管年齢も若い人なら

何の問題もないのですが、

 

高齢になると動脈硬化が進行しますから、

高血圧である場合が

多くなります。

 

高血圧気味の高齢者が、

裸になって寒い脱衣所に入ると、

 

毛細血管が収縮して血圧が上がります。

 

更に、浴室に入って、温かい浴槽に入ることで

上がった血圧がさらに急上昇して

 

ヒートショックが起きる可能性があります。

 

 

では、高齢者はどうやって暮らすべきなのでしょうか?

 

白川澄子さんは自宅アパートで亡くなった!

 

白川澄子さんは自宅のアパートで亡くなっていました。

 

アパートは外気が伝わりやすいです。

 

高齢者がアパートに住むのでしたら、

両サイドに部屋がある位置を選びたいものです。

 

両サイドに部屋があるということは、

それだけ、両サイドからは隙間風や

外気が伝わりずらい部屋になりますから、

 

暖房効果も比較的高いでしょう。

 

白川さんも暖房をしていたのかもしれないのですが、

部屋が角部屋であれば、

 

風通しはいい分だけ、

冬の寒気も伝わりやすくなります。

 

更に、アパートよりは、できることなら、

持家とか賃貸は関係なく、

 

鉄筋コンクリート造のマンションに暮らすことが

お薦めです。

 

マンションのメリットは断熱効果が高いことです。

 

朝起きて寒くて起きれないということが

マンションの場合少ないです。

 

冷暖房も効きやすいですから、

白川さんのように都内に住む方なら

 

特にマンションが多くあるでしょうから、

1年の中で特に冬場の11月~2月

の時期を考えると

 

大切な選択になります。

 

浴室と脱衣所や室内の温度差を防ぐために

脱衣所に暖房器具を設置したりなどの

 

工夫も大切ですが、

アパートや戸建てよりもマンションは暖かいので

風邪をひきづらくなるなどの、

 

気温の変動に対するリスクを守ってくれる

可能性があるでしょう。

 

白川澄子さんの死因はくも膜下出血だった!

 

くも膜下出血は脳への血圧が上昇することで発生します。

 

体全身を走る血管年齢を若く保つ努力をしましょう。

 

大動脈破裂で急死した阿藤快さんのラーメン好きの食生活についてはこちら!

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析