マダム路子の次女=娘は悪性脳腫瘍の闘病生活で品川家の「家族の絆」を感じ余命を伸ばした!



 2015年11月23日(月)に放送される

「私の何がイケないの?」では、

 

芸人品川祐が涙の告白!余命4ヵ月の花嫁に起きた奇跡

 

と題して、マダム路子さんと、息子の

品川祐さんが出演します。

 

番組ではマダム路子さんの次女実花さんが

脳のがん=悪性脳腫瘍を発症して

余命4か月を言い渡された

 

さん(=実花さん)の闘病生活品川家家族の絆を強めた

エピソードが放送されます。

 

家族において普段はあまり意識しない絆や和が精神的なストレスから守り、

悪性脳腫瘍の余命を伸ばしたマダム路子さんの品川家の事例をみていきます。

 

 

マダム路子の次女=実花さんは家族の絆を感じ余命より長く生きられた!

 

マダム路子さんには、4人の子供がいます。

 

  • 娘は長女の晴美さん(美容家)
  • 次女の実花さん
  •  息子は長男の品川一治さん(映像作家)
  • 次男の品川祐さん(お笑いタレント、映画監督)

 

です。

 

次女の実花さんが2010年には悪性脳腫瘍によって

余命4カ月を宣告されました。

 

品川家の家族全員で実花さんが生きながらえることを

応援するために、

 

病院にお見舞いに行くときには

あと少しで亡くなってしまうことの悲しみなどを見せずに、

 

実花さんを明るく励ましていきました。

 

マダム路子さんの次女の娘さんも

お母さんが普段より優しくふるまってくれるので

 

もしかすると余命が長くないかもしれないと

感じていたかもしれませんが、

 

逆に、強まっていく家族の絆を感じると

頑張って病気を克服したい、

 

家族が病気で入院して闘病生活を

している状況の中で

 

辛い反面、家族のありがたさ、

家族の優しさを感じて、

 

奇跡的に余命を大きく伸ばしたのだ

と思います。

 

結果的は2012年1月に亡くなってしまいましたが、

余命4カ月を宣告されてから、

2年近い、1年11カ月も生き延びることができました。

 

闘病生活をしている娘さんにとって

家族の絆の強さや、家族の優しさが与えた

パワーが大きかったことを示しています。

 

マダム路子の娘=実花さんを苦しめた悪性脳腫瘍の原因や予防策は?

 

悪性脳腫瘍は内臓に発症するガンよりは

少ないこともあって、

 

原因はよくわかっていません。

 

マダム路子さんの娘さんは、温かい家族の見守りによって

余命が大きく伸びました。

 

このことを考えると、精神的に心地よい状況というのは

脳の健康にとっては非常に重要な要素である

ことがわかります。

 

ストレスを抱えないようにすることが

健康上重要であるとよく言われますが、

 

ストレスを感じることが原因で

頭痛がしたりしますので、

脳に与える影響は大きいでしょう。

 

脳も体の一部ですから、

野菜やバランスの取れた食事や

 

過度な飲酒や喫煙を控えることも

予防策になるのでしょうけれども、

 

脳の健康を考えると、精神的な健康を

維持することは大切なのだと思います。

 

二女の実花さんは生前、品川家が

荒れがちな状況になった時に、

 

自らがムードメーカーになって

家族の和を保つ役割を果たしてくれた

エピソードがありますが、

 

まじめで、繊細な心の持ち主だったからこそ、

周囲に対する気配りも出来る反面、

 

ストレスも感じやすかったかもしれません。

 

家族関係、友人との関係、

職場での同僚との人間関係

 

仕事を通じての様々な人間関係がある中で、

 

鈍感であるということではなく、

ストレスをためないように、

 

気分転換をしたり、

職場や仕事上の人間関係で

 

大きなストレスを感じても、

暖かい家族がいれば、

 

ストレスからも解放されます。

 

マダム路子さんの娘さんが

教えてくれたことは

 

家族の絆や和の大切さの

大切さであるでしょう。

 

マダム路子の次女の実の父は誰?

 

マダム路子さんの子供4人は、

故・山野凱章(やまの よしあき)氏が

父親です。

山野 凱章氏は、 2007年3月10日に次女の実花さんより

先に、満68歳で亡くなっていました。

 

山野 凱章氏はは、山野愛子の次男として生まれるた

美容用品綜合商社株式会社ヤマノの元取締役でした。

 

かなりの資産家だったでしょうから、亡くなった時に、

子供4人は一定の資産を相続したのでしょう。

 

相続という形ですが、亡くなったお父様も

子供達に経済的には役に立った存在

だったのではないでしょうか?

 

作家の下重曉子さんは「家族という病」や「持たない暮らし」の著者として有名で最近テレビ出演した記事はこちら!

 

次女の実花さんの闘病生活を支えた家族の

亡くなった父親として、

 

やはり家族の存在というものは

目に見えない大きな力が

あるように思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析