喜多嶋舞 息子に本当の父親を告げるべき!DNA鑑定で大沢樹生との親子関係なく見解の不一致は判決で決着!



 元光GENJIメンバーで俳優の大沢樹生さん(46)が

元妻の女優、喜多嶋舞さん(43)の産んだ

長男である息子(18)を相手取り、

 

「親子関係がないことの確認を求めていた訴訟の判決」

が2015/11/19、東京家庭裁判所で出ました。

 

 

 東京家庭裁判所の

蓮井俊治裁判官は

 

長男は結婚から200日目に生まれてはいるが、

大沢さんが長男の生物学的父親ではないとのDNA鑑定の結果がある以上、

2人には親子関係が存在しないと認めるのが相当だ

 

として、大沢さん側が求めていた

「親子関係がないこと」を認めました。

 

喜多嶋舞さんの息子と大沢さんとは

親子関係はなくなりましたから、

 

大沢さんが将来、亡くなった時も、

大沢さんの財産を喜多嶋舞さんの息子は相続することはなくなります。

 

では、誰が喜多嶋舞さんの息子の本当の父親なのでしょうか?

 

喜多嶋舞さんが、息子に対して本当の父親が誰なのかを

告げるべき理由についてみていきます。

 

 

 

喜多嶋舞が息子に対して本当の父親を告げる必要があるのは、息子には親の財産を相続する権利があるから!

 

子供にとって、親は生きていく上で

大切な存在であるだけではなく、

 

親が残した財産を相続する権利も持ちます。

 

これまで、喜多嶋舞さんの息子は

大沢さんのことを父親だと思ってきましたが、

 

判決によって、親子関係は存在しないという

結果が確認されましたので、

 

喜多嶋舞さんの息子さんは大沢さんの

相続人に将来なることはありませんので、

財産を引き継げません。

 

従って、喜多嶋舞さんは息子に対して

本当の父親が誰かを説明する

義務があると思うのです。

 

そうでないと、子供が本来相続できる

父親からの財産が相続できないという

 

不利益が発生してしまいます。

 

また、戸籍上も父親が不明というのも

子供にとってかわいそうなことです。

 

子供はまだ18歳です。これからの人生は長いですから、

本当の父親が誰なのか知りたいと思うのは自然です。

 

團遥香さんは財閥系の血筋で家系図が凄いお嬢様で父親は有名建築家である記事はこちら!

 

自分自身のルーツが何処にあって、

心のよりどころになる父親は誰なのかを

 

しっかりと喜多嶋舞さんは母親として

その義務を果たすべきでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析