便秘でお悩みはロキソニンの副作用かも!生理痛や頭痛ならペオンやボルタレンなど他の薬へ変更も!



日常的にロキソニンを服用する人が

多いのですが、

 

ロキソニン

ロキソニン

 

原因は

  • 打撲をして整形外科に通院した、
  • 歯が痛くて歯科医でロキソニンをもらった
  • 風邪で頭痛や喉の痛みをとりたい

 

など、

 

色々な痛みにロキソニンは比較的

安全な薬として処方されます。

 

市販薬としても販売されているので、

生理痛がひどいときやちょっと頭痛がするときなど

手軽にロキソニンを服用する機会は多いものです。

 

一方で、ロキソニンを服用すると

副作用として便秘がちにもなります。

 

便秘や痔で悩んでいる方は何らかの痛みを止めるためにロキソニンに

依存しすぎていないかを確認する必要があります。

 

 

便秘を止めるにはロキソニンの服用を中止してみる!

 

ロキソニンを服用しなければ快便にもどる

という方は、ロキソニンの服用はせずに、

 

痛みを別の方法でとることを考えた方がいいです。

 

生理痛は定期定期にやってきますし、

頭痛持ちの人はほぼ1日中、側頭部などが痛かったりするものです。

 

そんな時に、医者に行かなくても処方箋なしで

市販薬のロキソニンは効果がありますから

 

購入して服用してしまいがちですが、

副作用として

便秘になることがあります。

 

痛みが取れたと思えば、

副作用として便秘がちになり、

 

体調が優れないだけではなく、

便が硬くなる傾向にあるので、

痔の痛みを発症すこともあります。

 

これでは頭痛薬を服用する意味がありません。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

ロキソニンの副作用で便秘になる人は、ペオンやボルタレンなど別の痛み止め薬に変えること!

 

ロキソニンで便秘の副作用が出る人は、

別の薬に変えましょう。

 

面倒でも、医師の処方でより症状にあった薬を服用することが大切です。

 

私の経験では、

 

ボルタレンはロキソニンよりも痛み止めの効果が高く

便秘にはなりませんでした。

 

ただし作用が強いので長期間の服用は危険です。

ロキソニンよりも胃腸に負担がかかるので

 

痛みが辛くて長期間服用する決意をした人は

定期的に検査も受けましょう。

 

ボルタレンがロキソニンよりいいところは風邪でひどい頭痛がとれることです。

 

また、ペオンという薬も便秘の副作用はでませんでした。

 

こちらもボルタレン程は強くない薬で、

ロキソニン同様に比較的安心して服用ができます。

 

あくまでも医師が処方することですから、

自分でお店でロキソニンを購入するように

ペオンを買うわけにはいきません。

 

ロキソニンを服用すると便秘になってしまうのでと

正直に副作用を申告して、

 

他の痛み止めはないか相談してみてください。

 

便秘の副作用があってもロキソニンが効果があってよいという方も医師の処方箋で服用するのがお得で安全!

 

便が硬くなって、便秘気味になるけれども、

水分を多めにとったり

 

野菜を多く食べるなどの工夫をして

ロキソニンの副作用をカバーする

こともできるでしょう。

 

痛み止めの効果でロキソニンが一番合うという方で、

 

頭痛や生理痛があるために定期的に

服用したいという方なら、

 

薬局や薬店での市販薬として販売している

 ロキソニンを買うよりも、

 

医師の処方でロキソニンを服用できれば

保険の3割負担で薬が買えますから

経済的にもお得になります。

 

松本明子さんが便秘を解消した方法は薬にたよらない腸活法についてはこちら!

 

また、ロキソニンと合わせて胃薬も処方してくれますから

ロキソニンの副作用である

 

胃腸への負担も軽減できるので

安心です。

 

ロキソニンの服用がで便秘があるのは大腸狭窄の副作用のためか?

私の個人的な経験からロキソニンの副作用に

便秘がありそうだと感じていました。

 

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は正式に

ロキソニン錠60mg

(「ロキソプロフェンナトリウム水和物」)の副作用として、

 

小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記すると発表しました。

 

大腸狭窄は大腸がんなどの病気によっても

発生するのですが、

 

ロキソニンの「重大な副作用」としても

厚生労働省がとして認めたことになります。

 

大腸の狭窄というのは、大腸の管が狭くなって

物が通りにくなることです。

 

つまり、便が出にくくなって便秘気味にも

なりえます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析