スピード違反の逮捕は現行犯ではなくカメラへVサイン!罰金をより徴収し高速道路より一般道の安全確保を!



東京都足立区環状7号線で、

時速124㎞で運転して、スピード違反の疑いがあることで、

 

都内電気工事業の男性が逮捕されました。

 

驚きの点は、道路に設置されたカメラ、オービスによって

検出されたデータを基にして逮捕されたということで、

 

現行犯逮捕ではない点です。

 

また、高速道路ではない一般道ため、

時速124kmのスピードは

法定速度の時速50㎞との比較では

74㎞もオーバーになりますが、

 

車を運転していると、

明らかにスピード超過で取り締まりにつかまっていないだけの

車が9割以上の現状を踏まえると、

 

新しい動きの様にも見えます。

 

現行犯ではなくカメラの証拠でスピード違反で逮捕された事例をみながら、

日本の特に東京を中心にしたスピードの出しすぎの現状をみていきます。

 

 

 

 

現行犯でなくてもスピード違反で逮捕された理由はカメラの証拠写真!

 

スピード違反についての罰金取得は

日本の財政赤字を改善するためにも、

 

交通事故防止の為にも必要なことです。

 

今回、スピード違反の取り締まりや、

走行中の警察官や白バイにつかまったのではなく、

 

容疑者がオービス(=カメラ)に「Vサイン」をして、

スピード違反繰り返していたことで、

警視庁の感情を逆なでした点も大きいでしょう。

 

スピード違反について反省するどころか、

意識的にスピード違反をして、

 

それでも逮捕できない、取り締まりができない警察の

ふがいなさをあざ笑うように

「Vサイン」をしていたのでしょう。

 

事実、国道を走行していて、警察の車が走っていますが、

明らかにスピード超過の車があっても、

 

  • 取り締まり機による証拠がない場合、
  • 警察が運転をする車を追い抜いた場合、

 

の様な証拠がなく、罰金などの制裁を現場で課すことが

できない現状もあるでしょう。

 

都内を走行していると、法定速度での走行は

後ろからパッシングを受けるのが現状なので、

 

都内の異常なスピード超過状況を

今回のような逮捕などによって、

変えていっていただきたいと思います。

 

また、より軽い違反についても警察は見てみぬふりをするのは

公平性に欠けるのではないでしょうか?

 

高速道路より一般道の方がスピード違反が原因で追突事故につながるため、罰金徴収を強化するべき!

 

まず、スピード違反による罰金と点数減点について

見ていくと、

 

一般道の場合のスピード違反の場合は、

 

一般道路の速度超過(30km未満が青切符、30km以上が赤切符)

スピード違反レベル         減点     罰金(普通車の場合)

  • 15km未満                 1             9,000円
  • 15km以上 20km未満     1            12,000円
  • 20km以上 25km未満     2            15,000円
  • 25km以上 30km未満     3            18,000円
  • 30km以上 50km未満     6            簡易裁判で罰金決定(赤切符)
  • 50km以上~          12 (7~8万円の反則金が通例。60km超過では、10万円にもなるケースも。)

 

以上が、スピード違反のレベルごとの

罰金額と、減点数の目安です。

 

今回逮捕されたケースは時速74kmもオーバーしていますから、

50km以上の欄の最悪のケースに該当しています。

 

減点数は12点、罰金はすぐにはわかりませんが、

簡易裁判所に出頭して後で、

 

7~10万円の罰金の納付が

想定されます。

 

法定速度で走行していて迷惑なのは、

後方からのパッシングなどの

あおりだけではなく、

 

実際にスピード違反をした車の前方不注意での

追突されるリスクが増えるので、

 

追突された側は大変迷惑です。

 

追突されることによってうける身体的ダメージは

頸椎ねんざ(むちうち)が痛いというだけでは

すまないことがあります。

 

最悪なのは死亡事故ですが、

重症でなくても、仕事に差し支え、

収入や生活にも響きます。

 

年齢にもよるのでしょうが、

通院やリハビリに要する時間は莫大で、

 

  • 仕事の時間が失われた、
  • 趣味の時間ができたはず、
  • 家族との時間が持てたはず、

 

など考えると、被害者の人生(機会損失)に対する

ダメージが大きいです。

 

その意味でも、スピード違反は

交通事故が悲惨になる原因になるので

取り締まりで、見過ごさないようにしていただきたいです。

 

オービスに向かってVサインをした男だけが逮捕というのも

不公平です。

 

警察官が語るスピード違反取り締まりができない理由!道路沿いに取り締まる場所がない!

 

警察官になぜ明らかに、スピード違反をしている車を

毎分、毎日、見逃すのかを聞いてみると、

 

取り締まる場所がないからだと言っていました。

 

取り締まる場所を提供する民間人の協力も時には

必要なようです。

 

国道沿いというのは空き地が少なくて、

国道沿いに店舗や事務所が立ち並ぶ

 

東京やその周辺地域、

 

環状線のような地下や、地上を走行する場合で

取り締まるスペースがない場合、

 

警察は見てみぬふりを続けている実態があります。

 

交通量が多い国道で、事故の発生確率も高いはずなのに、

取り締まれない実態もあります。

 

今後も逮捕されたオービスへVサインをした男性の様に

警察に対して、挑発的な人がまだ

のこる環境は不変です。

 

カメラ設置によるスピード違反証拠の収集の確実性

が求められているのかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析