生稲晃子は乳癌早期発見のお蔭で余命が長い!再発の原因はグルメな食事と夫がオーナーの佐吉六本木店で鉄板焼食べ過ぎ?




 

元おニャン子クラブの一員として一世を風靡して、

解散後は女優として活躍している生稲晃子(1968/4/28生まれ)が、

 

乳癌と5年近くも闘病生活をしてきたことを

告白しました。

 

生稲晃子さんは、2011/4/28に乳がんを

早期発見で見つけました。

 

幸運なことで、当初は乳房は摘出せずに、

2011/5/6に出術をうけて、リンパへの転移もなく、

抗がん剤の服用をしながら

 

完治に向けて治療をしていました。

 

ところが、2012年の夏の終わりに

乳癌の再発が主治医の先生によって

発見されてしまいました。

 

再発するということは命に関わってきますので、

生稲さんにとってショックだったと思います。

 

初期発見時に乳房の全摘出をしていれば確かに再発は

防げて余命を心配する必要がなかったのでしょうけれども、

 

他には再発の理由はないのでしょうか?

 

 

生稲晃子が乳がんの原因と再発の理由はグルメで、夫と経営する鐵板焼・佐吉六本木店に象徴されている?

 

鉄板焼き

鉄板焼き

 

最近、50歳前後の芸能人が癌を患うケースが多いです。

年齢的に仕方がないと思う部分もあるのですが、

 

  • 川島なお美さんは胆管がんで死去
  • 北斗晶さんは乳癌で再入院

 

しています。

 

生稲さんと共通しているのはアラフィフとい

年齢だけではありません。

 

川島なお美さんはワイン好きのグルメで知られていましたし、

夫の鎧塚氏はパティシエで、飲食店オーナーです。

 

北斗晶さんもあのふっくらとした体形からわかりますが、

テレビでは多くのレシピを紹介して

 

食べ物に関連する番組を

担当していました。

 

また、夫と一緒に食料を大型スーパーで爆買いして、

自宅での食事の様子を多くブログで発信しています。

 

生稲さんも川島なお美さんと同様に、

夫が飲食店オーナーです。

 

参考までに、お店の所在地などの情報は、

 

  • 鉄板焼 佐吉 六本木店
  • 所在地・・・〒106-0032 東京都港区六本木7-9-3
  • 連絡先・・・03-6804-5355

 

です。

 

 

食べることについては有り余るほど

栄養価の高い食事に囲まれた

 

環境で生活していること

がわかります。

 

勿論、鉄板焼きを食べすぎたから、

乳癌になったとは考えていませんが、

 

癌細胞は、正常な細胞よりもより多くの

糖質を吸収したりする性質がありますし、

 

北斗晶さんの様に食べ過ぎたり栄養分を多くとり過ぎるのことがガンを育ててしまうリスクがあるのです。

 

乳癌のリスクを高める要素として

40歳を過ぎてからの肥満がありますから、

グルメな食生活で栄養を取りすぎると太りますし、

 

がんを作りやすくなる

といえるのではないでしょうか?

 

その為に、癌を再発しないように

ベジタリアンになる人もいるわけです。

 

ですから、乳癌が早期発見で来て、

手術も成功して、抗がん剤を服用しながら

 

完治を目指しても食生活の在り方がガンを育てるような

食事の仕方では、

 

生稲さんの様に再発の可能性が

高まってしまいかねません。

 

 

生稲晃子は余命を長くできた理由は早期発見と早い決断と行動!

 

生稲さんが前向きで素晴らしいのは、

乳癌を早期発見した後、

 

間髪入れずに、すぐに手術をしている点です。

 

生稲晃子の乳がん手術後の症状は皮膚の赤みだけで今度こそ再発を予防するべきです!

 

また、再発時の発見も右乳房の表面に「にきび」のような

できものを発見したときに、

 

すぐさま病理検査を受けている点です。

結果は残念ながら悪性ではありましたが、

 

命を守るためにも全摘出をして解決をしています。

 

 

生稲さんの様な早期の発見と早い決断と行動が

生稲さんに余命を普通の人と同様の長さに

保てる秘訣です。

 

がんは悪性の腫瘍ですから、

見た目はふつうの「いぼ」のようなものです。

 

北斗晶がブログで乳がん検診は専門医にかかるようにメッセージを伝えてくれた乳がん検診の病院選びについてはこちら!

 

「にきび」のようなもの、つまり

見落としてしまいそうな「いぼ」でも、

 

軽視せずに病理検査などを受けることが、

早期発見のカギかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析