すい臓がんの早期発見が血液検査で可能に!血液中のたんぱく質を検出する検査キットの開発で数値的に判断可能に!



ガンの撲滅を目指す動きが国家的な動きで

活発化しています。

 

すい臓がんについては、早期発見が可能になる

検査キットが開発されたと

 

国立がん研究センターの

本田一文ユニット長らが2015/11/9日付の

英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表しました。

 

すい臓がんの早期発見に役立つ検査キットは血液検査によって

数値的にとらえれる点が優れている点を見ていきます。

 

 

すい臓がん早期発見の検査キット開発は偉業!数値的にたんぱく質をとらえ、見落としなくす血液検査である点が優れている!

 

ガンの早期発見というとガンの種類にもよりますが、

実は難しいのが現状です。

 

ガンを早期発見できると

ラッキーと言われるような状況です。

 

早期発見はラッキーではなく、当然の状況になると

ガンで死亡するリスクが低くなります。

 

今のところは、定期検診でも各種ガンが

必ずしも発見できる方法も

確立されていません。

 

乳癌の場合なら、乳がん検診で、マンモグラフィー検査などを

受診する必要がありますし、

 

大腸がんであれば大腸カメラを入れないと、

定期健診だけでは見落とされる

可能性が大きいです。

 

各種検査でガンの見落としがあったために、

早期発見につながらず、

 

ガンが発見できたときには

かなり進行していたというケースが

 

すい臓がんについては、

 なくなる可能性があるでしょう。

 

血液検査キットを利用して、すい臓がんの早期発見ができるという

意味では、今回、国立がん研究センターが開発した

検査キットは大変意義深いことです。

 

血液中のたんぱく質を数値的に判断できる検査キットは、すい臓がん以外への応用もできる発想法!

 

国立がん研究センターが発表した

すい臓がんの検査キットの開発は、

 

すい臓がんの早期発見が期待できる点で

優れているのですが、

 

早期発見の方法が、

血液中の特定のたんぱく質を

 

見つけるという考え方で

開発された点に意義がある

と思います。

 

すい臓がん以外のガンの場合でも、

血液中に特定の物質が存在するといった

特徴を発見できれば、

 

その物質を検出する検査キットが開発して、

すい臓がん以外のガンについて、

 

早期発見が可能になる

ことを意味します。

 

各種のガンの場合において、

血液中に多く発生する物質や

 

何か検査上の物質を投与した時に

反応する物質などを数値的に

見つけることが可能になれば、

 

血液検査だけでガンの早期発見に

つながる道が出てきます。

 

毎年の定期健診に血液検査を組み込むことで、

早期発見ができるようになります。

 

 

医療関連の研究機関はガンの治療技術だけではなく、

早期発見技術についても

 

研究をすることで人命を救う可能性が

生まれます。

 

北斗晶が乳がん検診を定期的に受診しながらも、見落としの可能性もあり、ステージⅡbまで進行した記事はこちら!

 

早期発見があれば、ガンとの戦いに勝てる

可能性が大きくなるのですから。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析