小保方晴子氏の今現在の心境は博士号取消に納得できず反論!



2015年11月2日に

早稲田大学から、正式に

小保方晴子さんの

 

博士号を取り消すことが発表されたことをうけて、

小保方晴子さん側は、

すぐさま、反論を示しました。

 

博士号が取り消される理由や経緯に

本人が納得していないようですが、

 

今現在も論文作成に当たり改ざんを行ったことに

反省する気持ちがないというだけではなく、

精神的な未熟な性格が感じられます。

 

小保方晴子さんが博士号をはく奪されたことについての、

早稲田大学への反論を見ると、

 

現在も以前と変わらぬ性格的な幼稚さが不正を生み出した

可能性が確認できます。

 

 

小保方晴子氏は博士号取消姿勢に失望するが、現在の自分を反省せず社会に反論する性格!

 

小保方晴子さんは早稲田大学により

博士号取消の発表を受けて、

 

取消理由が社会的風潮を

重視した結果で

 

学術的な理由とはかけ離れている

とコメントしましたが、

 

誤った研究結果をデータのねつ造しながら、

発表した論文や研究姿勢について

反省するどころか、

 

「批判的な社会的風潮を重視した措置」と反論するのは

あまりにも現実が直視できていないと

言えるでしょう。

 

今現在でも「STAP細胞はありまーす」

という心境なのでしょうか?

 

小保方晴子氏は博士課程取消期限について現在は納得していない?

 

小保方晴子氏は博士課程取消までの期限の設定について、

納得できない理由は

 

小保方さんの入院や通院などの健康状況を無視した設定の仕方で、

一方的だからと主張しています。

 

もしも現在でも、小保方さんに博士号を取得する気持ちがあって、

実力もあるのでしたら、

 

一旦取り消されても、再度取得すればいい

のではないかと思います。

 

再度取得することについては

時間的な制限はありません。

 

真面目に勉強をして研究をすることで

汚名挽回も可能でしょう。

 

健康上の問題で博士課程取消の期限に

間に合わなかったのは

 

小保方さん自身の問題であって、

 

早稲田大学に対して時間的な制限がおかしいと

反論するのは間違っています。

 

あまえのあるいい加減な性格で精神的な未熟さが

厳しい研究に耐えられず、

 

一貫性を欠くような改ざんやねつ造をするような

精神を産んではいないでしょうか?

 

研究や実験というものは過酷な作業で

楽な仕事ではないはずです。

 

小保方晴子氏の虚言癖と両親譲りの鼻穴丸見えの面相についてはこちら!

 

小保方さんが自分が女性なのだから、

もっと優しく扱ってほしいなどと

 

今現在でも子供の頃の様に思っているようでは

今後が見通せないのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析