旭化成ホームズのへーベルハウス建築キャンセルや評判にも影響する、旭化成と旭化成建材の逃げ腰!



全国で、杭データ改ざんが発覚した

旭化成の子会社旭化成建材ですが、

 

旭化成本体の建築部門にも影響を及ぼしていくでしょう。

 

旭化成はへーベルハウスという戸建注文住宅を

旭化成ホームズを通じて、

販売しています。

 

今回の騒動で、旭化成に対する信頼が落ち

旭化成ホームズの受注にも影響

及ぼすでしょう。

 

投資家は旭化成の業績の下方修正も予想されるので株価動向にも

注意をする必要があります。

 

戸建ての注文住宅を旭化成ホームズで検討している人の心理も、

へーベルハウスはキャンセルしようかな

 

と思いはじめた人もいるのではないでしょうか?

 

旭化成が信頼を失い旭化成ホームズの評判にも影響するのは

杭データの改ざんが多すぎるから

 

という理由だけではなく、

 逃げ腰の対応にもありました。

 

問題発覚後の最初の記者会見に旭化成の初動対応の失敗があり、

不信感をかう理由を見ていきます。

 

旭化成ホームズの評判にも影響しそうな、まずい記者会見!へーベルハウスのキャンセルも想定される!

 

 

旭化成建材の杭データ改ざんの対応で、

親会社旭化成での記者会見を見た人は

 

信頼できないと感じることが多かったようです。

悩む主婦

悩む主婦

 

不信を買った理由を考えてみました。

 

2015/10/20の会見では、

旭化成平居正仁副社長

 

「きょう現在では」と断ったうえで、

次のように述べました。

 

「傾いている物件は、この1件ですから、この物件の中にそれ(データ改ざん)が

起こっているとすれば、その人しか、今のところ、可能性のある人はいない」

 

 

(その他にも、不信を買う発言をしているのですが、)

この発言から読み取れるのは、

 

  1. 傾きなどの不具合を生じている物件はこれ1件だけ
  2. データの転用をしたのは1人の特定された担当者だけ

 

という主張をしたい気持ちです。

 

私は記者会見を聞いて、

旭化成副社長は「この場はうまく取り繕いたいという言い訳をしている」と

感じました。

 

また、調査をこれから進める段階において

杭データを改ざんした担当者に

責任や問題を押し付けようとして

 

経営陣や会社としては問題に向き合わず、

逃げ腰の姿勢が見えます。

 

旭化成に不祥事が起きた時に、逃げ腰にならずに、

自らの問題を積極的に開示して、

 

信頼のおける企業の姿勢を見せることで、

旭化成の株がむしろ上がるチャンスを

つぶしました。

 

 

 

現実には、杭データの流用をして改ざんしたのは

他の担当者にもいたわけで、

 

記者会見から始まり、

 

その後の情報開示の遅さもあって

世間は旭化成を信頼できないという

印象を持ってしまいます。

 

結果として、旭化成建材の問題とは無関係なはずの

旭化成ホームズの評判を落として、

営業活動に影響を与え、

 

現在商談中の案件についてもキャンセルが来るという

悪循環になるのではないでしょうか?

 

旭化成副社長は旭化成ホームズ社長の経歴があり、へーベルハウスへの影響、商談キャンセルを心配した発言だったのか?

 

旭化成副社長の発言に、違和感を覚えた理由は

旭化成ホームズ社長を務めた

経歴にもあるのでしょうか?

 

平居正仁氏の経歴は以下の通りです。

 

  • 生年月日 1951(昭和26)年3月12日生まれ。64歳。
  • 出身地:北海道。
  • 1975年3月 北海道大学法学部卒業
  • 1975年4月 旭化成工業(現旭化成)入社。
  • 2000年4月 旭化成ホームズ人事部長、
  • 2004年7月 旭化成リフォーム社長、
  • 2007年4月、旭化成ホームズ執行役員兼マーケティング総部長、
  • 2008年4月 取締役兼常務執行役員兼マーケティング本部長、
  • 2009年4月 取締役兼専務執行役員兼東京営業本部長(現在)を歴任。

 

旭化成の中でも、旭化成ホームズや旭化成リフォームといった

建築分野を担当してきた方です。

 

建築不動産はクレーム産業と

呼ばれますので、

 

記者会見で旭化成社長よりも、

旭化成建材社長よりも

発言が目立っていた理由もわかる気がします。

 

 

旭化成の今後、倒産可能性があるのかと株価動向についてはこちら!

 

 

ただし、建築の分野に精通していることと、

リスク管理能力とは

別の問題である気がします。

 





関連記事:


One Response to “旭化成ホームズのへーベルハウス建築キャンセルや評判にも影響する、旭化成と旭化成建材の逃げ腰!”

  1. 営業マンの妻 より:

    全く、家庭にとっては、迷惑極まりない会社の対応です。

    ひとりの人間のせいではなく、会社全体が謝る体制として、考えなくてはならないのに、上層部の人間が、個人を責める形でまるく納めようとした事は、とんでもない事です。

    どれだけ、家庭で営業の主人を支えて、売り上げに貢献してきたかを考えると、上部にいる方の現場で働く社員を大切にしない部分が、流用という形になって露呈されたのかもしれませんね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析