小保方晴子氏は博士号取消は鼻穴丸見えの可愛いい面相のせい?



 2015年10月に博士号の期限が到来して論文の信憑性を高められず

小保方晴子氏は虚言癖があるといわれるようになりました。

 

 

STAP細胞論文の筆頭著者だった

小保方晴子・元理化学研究所研究員(1983/9/25生まれ)

 

の博士号について、

早稲田大学が取り消しが確定しました。

 

小保方晴子氏が虚言癖があると言われた理由は

地道な実験が下手であったが一因です。

 

また、科学的な視点から離れると、かつては

小保方さんを可愛いという人もいるように、

 

小保方さんの顔、面相、特に鼻穴に特徴があります。

 

小保方さんが虚言癖があると言われた理由を

実験下手と鼻穴丸見えの可愛い面相について考えてみました。

 

 

小保方晴子は実験下手か?STAP細胞はあることを再現できず!

 

研究で成果を挙げる人は、

ノーベル生理化学賞を受賞した

大村智さんの様に、

 

泥臭く、地道な実験がうまい人

が獲得するものです。

 

大村智さんはゴルフ場で採取した土の中から

発見した微生物がノーベル賞までつながりました。

 

ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章東大教授も

ニュートリノの観測は非常に難しいからこそ、

 

ニュートリノの観測ができたことが

ノーベル物理学賞受賞がにつながりました。

 

STAP細胞の研究でも、小保方さんが実験上手であれば、

論文偽造をし虚言だとは

言われたくても済みました。

 

 

実験上STAP細胞を作れるか作れないかは

観測技術がうまければ疑惑をかけられることは

なかったのです。

 

 

研究者に必要なのは世界中の論文を読みこなす語学力や

専門分野の知識だけではないことがわかります。

 

 

小保方晴子の鼻穴が丸見えで可愛い面相に表れているものは?

 

小保方晴子さんは、親が大学教授であったりして、

知的能力の高さを受け継いだのでしょうけれども、

 

鼻穴丸見えの可愛い顔も

両親からもらったものでしょう。

 

面相的に見ると、

鼻の穴は見えないほうがいい

とされています。

 

私は占い師ではありませんが、

人の生きざまは顔に現れると思っています。

 

鼻穴がみえるというのは、

動物に例えると、豚

 

爬虫類では蛇のイラストは、

鼻穴が丸見えに書くことが多いですね。

 

そのイメージを女性に当てはめると、

ちょっと違和感を感じませんか?

 

 

小保方晴子さんの鼻穴丸見えの面性は、

鼻穴が丸見えだと中年以降に災いが起こる

 

といわれる面相による占いに

偶然あてはまります。

 

小保方晴子氏は博士号取消へ反論する現在についてはこちら!

 

ただの偶然なのでしょうけれども、

みなさんはどうおもいますか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析