マイナンバー制度スタートで副業が会社にばれる個人続出?業務委託の様に自営業スタイルならばれない?



マイナンバー制度がスタートしますが、

2015年10月以降、順次、

 

各人に、数字12桁のマイナンバー

通知がスタートしていきます。

 

マイナンバー制度の導入はいつからか?

というと2016年1月からです。

 

すぐの運用はないものの、

勤め先の会社にマイナンバーを

提出する必要があります。

 

そこで漠然と懸念されるのが

会社に副業ばれるのではないか?

という心配です。

 

マイナンバーを会社に提出することが

きっかけで副業がばれるなら、

 

マイナンバーを拒否したい

のが人情ですが、

 

基本的に拒否できない為、副業について対策や方法を

考えておく必要はあるのでしょうか?

 

副業がばれるケースとばれないケースがありますので、

整理していきたいと思います。

 

 

マイナンバー制度で副業がばれるという心配はなぜ起きる?

 

会社に副業の存在がばれるのがまずいという心配は

2通りあると思います。

 

  1. 副業禁止にも関わらず副業をしていた場合にまずい(ルール違反で処分される可能性あり)
  2. 副業禁止などのルールはないが職種がばれるのがまずい

 

この2点だと思います。

 

それぞれについて、整理をしていきます。

 

マイナンバーの運用開始で副業禁止の会社にばれる場合は給与所得の場合!業務委託のような事業所得ならばれないかも?

 

副業がばれるかどうかは、

働き方によります。

 

マイナンバーがスタートすれば、

原則として、勤務先の会社の収入と副業の収入も合わせて、

 

市役所から会社に住民税の給与天引き額が

会社に通知されます。

 

これは、明らかに副業が会社の経理上から

ばれてしまうケースです。

 

会社の副業がばれるケースというのは

仕事が終わった後でコンビニでバイトしているとか、

 

休みの日だけ定期的にどこかでバイトをしているケースで

給与所得として副業をしている場合です。

 

働き方によっては業務委託のような事業所得で、

給与所得とはいえない自営業的な副業の仕方

あるかと思います。

 

業務委託に代表される個人自営業的な副業では

自分で確定申告をして自分で住民税を納付することが可能ですから、

会社にばれないです。

 

副業が禁止されている会社に勤務している方が

会社にばれるのがまずいと感じている方は、

 

副業が給与所得なのか自営業的な

職業なのかを確認してみてください。

 

給与所得ではない副業をしている人は、

対策の取り方がありました。

 

給与所得の副業をしている人は

会社にばれる心配がありますから

 

副業の在り方を見直す必要があるでしょう。

 

マイナンバーの運用で副業が職種的にばれるのがまずい場合は?

 

職種的にばれたくないケースっていうのは

人それぞれだと思いますが、

 

水商売とかの場合はばれないほうがいいと思う場合が

あり得るかもしれません。

 

最近は水商売でもいろいろで、

上場している居酒屋さんも水商売と

いえるかもしれませんが、

 

会社が上場できないような水商売の

場合は特にばれないほうがいい

と思うのが人情です。

 

居酒屋でのバイトは大抵の場合、

給与所得のスタイルが想像されますから、

ばれるでしょう。

 

ただし、ばれるとまずいと思うような

職種の副業をしているケースは

給与収入ではなく、

 

出来高制の自営業(事業所得)

のスタイルが多いと思います。

 

この場合は給与収入ではないので、

自分で申告をして、自分で税金を納めることが可能になりますから

心配無用になるでしょう。

 

但し、注意点は、あくまでもどのような会社で

どのようなスタイルで副業をしているかですから、

 

自身では出来高制の自営業で給与所得ではないと

思っていても、

 

会社側の対応が給与所得扱いであれば

会社にばれることになります。

 

心配のある方は事前に副業をしている会社と最寄りの税務署に

事前に相談しに行くことをお勧めします。

 

それから、仮に副業の存在がばれても、

副業の種類・職種までは会社はわからないでしょう。

 

副業禁止でもないのに副業の件を問い詰められるような理不尽な対応があった場合は、

個人情報ですから、そこまでは立ち入る権利は会社にはないでしょう。

 

会社にばれなくても家族に副業がばれる可能性はある?

 

自分で申告して、自分で住民税を支払えば会社にはばれません。

ただし、納税通知書は会社ではなく、

自宅に届きますから、

 

家族から追及されないように

心構えは必要でしょうね。

 

マイナンバー制度導入で副業がばれて困るのは、借金の存在などの動機?

 

副業がばれるのは問題ないけど、

なぜ会社が終わった後に別の仕事をしたりするのか?

と詮索され、

 

副業の動機がばれるのも、

動機が借金返済だったりすると

嫌なものです。

 

マイナンバー制度によって

副業がばれるくらい

 

問題はない気がしますが、

副業の裏にある秘密がばれるのは

嫌なものですよね。

 

あくまでも個人情報には立ち入られないように

対策を各人がとっておく必要があるでしょう。

 

ネット上には、副業がばれないように相談を持ち掛けるように

誘導するサイトの存在が心配です。

 

うかつに副業がばれないよう相談をしないようにして、

弱みを握られないようにしましょう。

 

マイナンバーを利用した詐欺の

発生が心配されますので。

 

マイナンバー制度をわかりやすく説明してもらえるフリーダイヤルの問い合わせ先は何番?

 

2015/11/2から、マイナンバー制度に関する問い合わせに

答えるフリーダイヤルが開設されます。

 

電話番号:0120-95-0178

 

問い合わせ時間

  • 平日:午前9時半から午後10時まで
  • 土日と祝日:午前9時半~午後5時半まで

 

となっています。

 

質問の内容は限定されると思いますので、

知りたいことを確認したら、

 

副業の種類によってばれるか、ばれないのかや

対策についてはご自身で判断し考える必要があります。

 

問い合わせ先は国が運営していますから、

  • 抜け道がありますかとか、
  • 手渡しならばれませんか

 

といった質問はしてはいけません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析