旭化成建材が杭打ち担当者の関与物件一覧公表!改ざん社員氏名や物件の名前は逮捕なければ未公表か?



旭化成建材親会社旭化成が、

2015/10/22午後に記者会見

を再度開きました。

 

会見では旭化成建材社長は

もう精神的に参ったのか、

 

旭化成建材 取締役常務執行役員・堺正光氏が

過去10年間に施工した

3040件の物件一覧と、

 

3040件中41件について横浜市都筑区の傾いたマンションの

杭データ改ざんをした社員(=担当者が関与していた

 

ことを会見で話してくれました。

 

41件の中には横浜市の傾いたマンションが

含まれています。

 

マンションが傾くような原因を作った担当者は誰なのか?

気になるところですが、

 

現段階では改ざんをした担当者が特定されているだけで、

氏名名前は公表されていません。

 

まずは、特定された担当者が関与した物件が

41件あることで、

 

41物件についての資料を

旭化成建材は優先的かつ詳細に、

 

横浜のマンションのような改ざんが

ないかを確認しているところでしょう。

 

現段階で、特定された担当者が関与した物件一覧や、改ざんの手口や氏名・名前の公開時期、

傾いた原因は改ざんした社員だけではない可能性があることについて

 

見ていきます。

 

 

杭打ちデータ改ざん担当者が関与した41物件リスト一覧は?所在地と用途だけの公表で物件名や担当者氏名の公表もなし!

 

 横浜市都筑区の傾いたマンション

「パークシティLaLa横浜」の

 

杭土工事の現場担当者が杭打ちのデータを

改ざんしたことが

大問題になっています。

傾斜

傾斜

 

「パークシティLaLa横浜」の担当者なら、他の物件でもデータ改ざんをやりかねないと

世間では推測していることでしょう。

 

また、旭化成建材の現場管理の甘さが

露呈したとも言えるでしょう。

 

改ざんした担当者が関与している41件の

物件一覧を地域別に列挙すると、

 

 

  1. 茨城県(1件)公共施設 1件
  2. 千葉県(1件)不明 1件
  3. 東京都(2件)事務所1件 工場・倉庫 1件
  4. 神奈川県(1件)集合住宅 1件「パークシティLaLa横浜」
  5. 石川県(1件)医療・福祉施設 1件
  6. 岐阜県(6件)集合住宅2件 事務所1件 商業施設1件 医療・福祉施設1件 学校1件
  7. 静岡県(1件)工場・倉庫 1件
  8. 三重県(5件)集合住宅1件 事務所1件 商業施設1件 工場・倉庫 2件
  9. 愛知県(23件)集合住宅9件事務所1件工場・倉庫5件医療・福祉施設2件学校2件 公共施設1件 その他3件

 

以上の内訳にあるように、

「パークシティLaLa横浜」の現場担当者が関与した

41物件は9都県にも及んでいて、

 

東海4県(岐阜、静岡、愛知、三重)が多く、

特に愛知県の合計23件が

最も多い地域になっています。

 

これだけ多くの物件に関与した担当者が

データ改ざんを行ったのは

 

神奈川県横浜市都筑区のマンションだけ

かどうかはともかくとして、

 

他の40物件については詳細な住所や物件の名前や

担当者の氏名などは明かされていません。

 

但し、旭化成建材は担当者を特定していますから、

仮に、姉歯事件の様に

 

逮捕につながるようなことになれば、

担当者氏名・名前が明らかになるでしょう。

 

 旭化成建材杭打ち工事、データ改ざん担当者の手口は何?違法性が立証で、逮捕時に氏名公表か?

 

旭化成建材が調査したところによると、

横浜市都筑区「パークシティLaLa横浜」

 

の杭打ち工事データ改ざんの

手口を明らかにしました。

 

担当者が行ったデータ改ざんの手口とは、

3種類のチャートを切り貼りするなど

 

手の込んだ方法だった

ことが明らかになりました。

 

旭化成建材側も担当者が改ざんをした

手口や経緯を明確にすることで、

 

旭化成建材は会社ぐるみではなく、

担当者が独断で改ざんをし、

 

旭化成建材側は担当者の改ざんによって

被害を受けたという構図に

なるのかもしれません。

 

その意味でも、どのように改ざんが行われ、

旭化成建材の現場管理の甘さとの

兼ね合いで

 

絶対に見抜けないような改ざんなのか、

対策を講じていれば簡単に見抜ける

改ざんだったかによって

 

担当者と旭化成建材に対する

批判の色合いが変わってくるでしょう。

 

少なくとも会社ぐるみではない点は

安心感もあります。

 

横浜市都筑区の改ざんの様に

担当者による手口が巧妙だと、

 

41件の関与した物件についても

改ざんを見つけるのに

時間がかかりそうです。

 

会社側が特定している現場担当者から、

他の物件についても改ざんがあったという

報告はまだないようです。

 

現場担当者はあくまでも、

杭打ち工事はしっかりやったと

 

旭化成建材側には話しているという点は、

まだ訂正されてはいません。

 

杭打ちデータの改ざんについて

傾いたこととの因果関係や

違法性が明確になれば、

 

担当者の逮捕につながり、

氏名の公開もされるでしょう。

 

「パークシティLaLa横浜」杭打ち工事担当者が関与した41物件以外の約3000件については大丈夫か?

 

今回、杭打ち工事データ改ざんをした担当者が

関与した41物件について優先的に

調査をしていきます。

 

傾いた原因の100%が改ざんをした担当者の責任だけではない

可能性があります。

 

会社ぐるみではないものの、

杭打ちの工法に問題があるようであれば、

 

旭化成建材が施工した物件すべてに

傾く可能性が出てきます。

 

また、杭打ちをするということは、

杭打ちをする杭の長さが

あらかじめ決まっているはずです。

 

支持地盤に到達できる長さ以上のものを作成して

杭打ちをするのだと思いますが、

 

横浜市のマンションに関しては、

 支持地盤まで到達しなかったのは

 

データを改ざんする以前に、

 支持地盤に到達するような長さのある

 

杭を制作していなかった

ということも疑問が残り、

問題が解決されていません。

 

ですから、データ改ざんだけが

問題なのかといえば、

 

それ以外にも問題は潜んでいる

可能性があるのです。

 

旭化成建材の親会社旭化成社長は涙ながらの記者会見をしました。

旭化成社長の経歴についてはこちら!

 

をご覧ください。

 

いずれにしても、旭化成の誠意のある

対応を期待したいところです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析