娘溺愛の新山千春=僕が嫌われる理由はコロッケブログとなぜ告白?本当のしくじり原因は離婚?



テレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな

では、

主婦層に嫌われちゃった先生

として、タレントの

 

新山千春さんが

登場します。

 

しくじり先生になった新山さんが自分なりに

女性から嫌われている

 

原因を解明して授業で

説明してくれるのだ

と思いますが、

 

私なりに、なぜ新山さんを同性である女性が

嫌いと感じるのか?その理由

 

を考えてみました。

 

 

僕=新山千春はしくじり先生になった原因はコロッケを娘が勝手に食べても容認する7年前のブログにあった?

 

新山さんは自身のブログでは、

自分のことをと表現していることを

嫌いと感じる人もいます。

 

ブログの表現の仕方に

嫌われる原因があるのも

事実です。

コロッケ

コロッケ

 

「私、主婦層に嫌われてるんです!」

という新山千春さんは、

 

新山さん自己分析によると

新山さんは女性から

嫌われる理由

 

7年前のブログ

(名前は新山小春で子役)

がお店で

 

コロッケのお金を払う前に

食べた行動に対して

 

NO Problem!問題ないと

ブログで正当化する表現をしたことで

 

母としてのしつけのあまさが

原因で嫌われた

と授業をします。

 

本当なんでしょうか?

 

女性が同性の新山さんに対して

見る目が厳しいのは

 

実は新山さんの過去の

不倫疑惑がありました。

 

僕=新山千春がしくじり先生になった本当の理由はコロッケブログではなかった!離婚原因を不倫でなく娘をダシにしたこと?

 

女性は女性に対して

見る目が厳しいものです。

 

特に女性側の不倫や浮気など

女性からしたら

嫌悪感が沸いてきます。

 

娘がお金を支払う前に

コロッケを食べても

 

注意をせず正当化する

くらいのことでは、

 

嫌われる理由の1つであって

主因ではないでしょう。

 

2014/12/29の新山さんのブログで

元夫・黒田哲史氏と離婚を発表して

炎上した理由も、

 

離婚する前から新山さんの不倫疑惑が

週刊誌にスクープされたりなどの

経緯があって、

 

本来なら、離婚の理由を

「私がだらしがない」と

 

自分自身を反省する

べきところを

 

「娘のことを第一に考えた結果

離婚をしました」

 

というニュアンスのことを

ブログでコメントしたので、

 

女性視聴者から

「娘を離婚理由にすりかえるなんて」

 

ひどい、ずるい。

 と感じる真面目で常識ある女性

 

からは嫌われることに

なりました。

 

もしも、番組でこの件について

新山さんがコメントしなければ

再度、女性から

 

嫌われる行動になりかねないので

先行きが心配です。

 

女性は嘘に敏感です。

 

なぜ離婚発表でブログ炎上?僕=新山千春が嫌われる理由は離婚までの経緯にもあった!

 

新山千春さんは

グラドルからスタートした、

B級アイドルでした。

 

元夫と結婚した経緯も

B級アイドルが

 

球団主催のファン感謝イベントなどに

参加するきっかけが多くて、

 

それがきっかけで交際に発展する

パターンだった

と思います。

 

結婚当時、新山さんは最前線で

活躍するタレントでは

ありませんでした。

 

当時、読売ジャイアンツに所属していた

プロ野球選手の黒田哲史さんと

 

結婚したことで新山さんには、

プロ野球選手の妻

というハクがつきました。

 

結果的に新山さんはママドルとして

仕事の幅が広がるなどの

メリットがありました。

 

 

プロ野球選手が夫であることで、

新山千春さんも結婚してから

 

セレブ感が出て

新山さんの株が上がったのです。

 

その夫に対して新山さんが

背信的な行為をした

可能性があるので、

 

主婦層は離婚が原因で

新山さんを

嫌いになりました。

 

なぜ僕=新山千春が離婚した原因はブログでは言えない?実はコロッケより重い、主婦から嫌われるような理由があったから?

 

新山さんが離婚をするにあたって、

普通なら子連れですし、

 

夫の方に重大な原因があった場合なら、

慰謝料が問題になります。

 

離婚に当たり、親権は新山さんが

持つものの『慰謝料なし』で

 

決着したのは、

やはり、

 

主婦から嫌われるような理由が

あった可能性があるでしょう。

 

離婚の本当の理由は夫婦にしか

わからないものですけれども、

 

なぜ新山さんが主婦層から

嫌われるのか?

 

という疑問は、「慰謝料0」で

離婚した事実に隠されている

かもしれません。

 

 

 

 

ただ、いかなる理由があったとしても

しくじり先生として

 

教壇に立つ勇気だけは

尊敬します。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析